体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「守り」の時代だからこそ、流されてはいけない――マイケル・ジャクソンのバックダンサー/ユーコ・スミダ・ジャクソンの仕事論

ユーコ・スミダ・ジャクソン──職業・ダンサー。

今は亡きポップ界のスーパースター、マイケル・ジャクソンのバックダンサーとして起用された唯一無二の日本人。1992年にスタートした『デンジャラス・ワールド・ツアー』に帯同した彼女の足跡は、『JACKSON~マイケル・ジャクソンと踊った唯一の日本人ダンサーの物語』に綴られているが、今一度そのサクセスストーリーを振り返ってみたい。f:id:k_kushida:20170703123349j:plain

<プロフィール>

ユーコ・スミダ・ジャクソン

1966年熊本県生まれ。高校卒業後はダンスのレッスンに明け暮れ、ダンス講師の薦めで『劇団四季』に入団したもののわずか1年で退団。24歳で単身渡米。LAを起点にさまざまなオーディションに挑み、アーティストのPV撮影に参加した。25歳のときマイケル・ジャクソンの『デンジャラス・ツアー』のダンサーに抜擢。亡き夫はモータウンレコードのCEOを務めたジョージ・ジャクソン氏。

バブルは「攻め」の時代。時代に恵まれて新しいことにチャレンジできた

──なぜ、この世界に飛び込み、そして成功を為しえたのか、と問うとユーコさんは、しばらく考えてゆっくりと語り出した。

最初から固い決意があったわけではないんですが、小学校5年生のころからなんとなく「ダンサーになりたい」と考えていました。そのころからバレエを始めたのですが、私が目指したいのはバレエダンサーではなくダンサー、もっといえばモヤモヤとしたイメージの中に漠然とした形でエンタテインメントに関わる仕事というものが芽生えてきたのです。通っていたバレエ学校も当時としては珍しくジャズやファンクを採り入れた先進的なところ。それまでの習い事は最初のうちこそ夢中になるのにすぐ飽きてしまったんですが、ダンスだけは違っていました。

ダンスといってもいろいろなスタイルがありますが、夢に見ていたのはそのどれとも違う。言葉にするのは難しいのですが、まずは世界をダンスで周る、世界で認められるダンサーになる!という目標しかなく、高校時代はダンスをやめていましたが、上京してからはひたすらレッスンの毎日でした。その後、映像にかかわるエンタテインメントの仕事に関わりたいという、まだ当時はつかみどころのない漠然としたイメージでしたね。映画『フェーム』を観たときの感覚が鮮明に残っていて、「あ、こんな感じ」という気持ちが生じたのですが、具体的にそれが何なのかわからないまま、ただひたすら踊っていたのです。

想像している理想の形にたどり着くまで、どんなことをすればいいのか、どれが近道なのか見当がつかない。ただ、時代は──幸か不幸か──バブルに向かっている真っ最中。東京にはいくつもダンススタジオがあって、海外から講師を招いているところはまだ少数しかありませんでした。今のようにダンスで身を立てる方法が確立していたわけではありませんが、新しいことにチャレンジする、いや、してもいいという空気がそこかしこに漂っていたのはありがたかったと思います。

バブル景気がいいことだったのかどうか判断しにくいのですが、攻めと守りがあるとしたら「攻め」の時代だったことはまぎれもない事実。時代の空気がそうなのだから、個人のレベルでも攻めることが当たり前。ここ十数年は日本経済もずっと低迷していますし、「守り」の姿勢が普通になってしまった。だから、その中であえて「攻め」を選択するのは生半可なことではないと思います。そういう意味では私は運がよかったのでしょうね。時代に恵まれていたんだと思います。

単身アメリカ修行。孤独でも、私にはダンスという武器があった

f:id:k_kushida:20170703123424j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。