ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ビッケブランカ、アルバムの写真に周囲が混乱!?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ビッケブランカ、アルバムの写真に周囲が混乱!?
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。7月4日(火)のオンエアでは、火曜日担当のDAOKOとのコンビでお送りしました。

この日は、7月5日(水)に1stフルアルバム「FEARLESS」をリリース、というビッケブランカさんがゲストに登場しました。これまでミニアルバムのみのリリースだったので、かなり時間をかけたそうですが、制作期間中は「1人でやりながらもずっと楽しかった」とのこと。

さっそくフラゲ購入したというリスナーたちからも本当にたくさんのメッセージが届いたようで、まさに待望のリリースとなった同作。かなり振り幅の広い楽曲が並んでいるのですが、「作るときは本当に何ひとつ決めなかったですね。華やかにしようだとか、1枚目だからいろんなもの見せたいとかっていうのは考えずに、今その瞬間に…例えば制作で4ヶ月使えるとしたら、その間に作れる曲、作りたいと思った曲を作っていこうってやりました」(ビッケブランカさん、以下同)

ただしコンセプトは決めなかったものの、「前と同じ曲は作りたくないっていうか、1こ前に作った曲と似たような曲は作りたくないというのが自分の個人的趣味としてあって。作りながらも退屈したくないところがあったんで」とおっしゃいます。

以前に作った曲とは違うジャンル、違うテンポ、違うメッセージを作っていったら、自然とこの多様な内容になったそうです。

藤田とDAOKOが気になったのが、そのジャケット。「SNSで公開したら、昔の友達とかミュージシャンの友達とかに『何を受賞したん!?』『なんの賞なん!?』て、本当にみんな信じて(笑)」とちょっと周囲をざわつかせたようです(笑)。

タキシード姿にトロフィーを持って何かの賞を受賞したようなご本人が写っているのですが、これにはどんな意味が込められているのでしょうか? 実は背後のパネルには「LOSING WINNER AWARD」という文字が。

「『LOSING WINNER AWARD』はAcademy Awards(アカデミー賞)みたいな感じで…。“負けた勝者”というか、逆の意味でいうと、“勝ったように見えるけど、本質的には負けてる”か。どっちの意味なのかはわからない。二極にあるものを混ぜるのが好きなので」とのことでした。ジャケットにも遊び心が満載だったようです!

疾走感のある曲から壮大なスケールの曲まで、本当にいろんなビッケブランカさんの魅力が詰まった「FEARLESS」。ぜひチェックしてください!

■今回のオンエア曲
YODAKEE「Be Your Lovely」
Tempalay「ZOMBIE-SONG」(ライブ音源)
TWICE「SIGNAL(Japanese ver.)」
Kito feat. Reija Lee「LFO」
BUMP OF CHICKEN「記念撮影」
RIRI「RUSH」
Suchmos「WIPER」
ビッケブランカ「Moon Ride」
ビッケブランカ「THUNDERBOLT」
Flight Facilities with Emma Louise「Arty Boy」
illion「BANKA」

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 23時30分−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。