ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

モリッシーの伝記映画『England is Mine(原題)』を旧知の友人が批判「彼のアーティストとしての才能に失礼」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
モリッシーの伝記映画『England is Mine(原題)』を旧知の友人が批判「彼のアーティストとしての才能に失礼」

 2017年7月3日、ザ・スミスの元メンバー、モリッシーの生涯を描いた非公認伝記映画『England is Mine(原題)』が【エディンバラ国際映画祭】で初上映されたが、彼を昔から知る友人から早速批判されている。

 モリッシーの親しい幼なじみで、ハッピー・マンデーズのベズ的な役割で初期のザ・スミスにも参加していたジェームズ・メイカーが、映画の内容に意義を唱える長文をFacebookに投稿した。その中で彼は、「これは伝記映画ではなく、歴史物語だ」と、描かれている内容が事実とかけ離れていると主張し、「はっきり言ってこれはモリッシーじゃない」と断言している。

 メイカーは、「予告編を見た限りでは、モリッシーは自閉症で内気な性格で、髪はカーリーな天パで、親切な友人に実際に背中を押されなければシンガーにはなっていなかったように描かれている。もっとひどいことに、彼はグリーンのダッフルコートを着せられ、今では誰もが知っているモリッシー的なウィットを一言も発することがない」と指摘、「モリッシーがシンガーになれるなら誰でもなれるという前提は不誠実で、彼のアーティストとしての才能に失礼だ」と憤っている。

関連記事リンク(外部サイト)

モリッシー、故郷マンチェスターでのテロ事件に対する首相らの対応を痛烈批判
『5月22日はなんの日?』元ザ・スミス、モリッシーの誕生日
【ビルボード】カルヴィン・ハリスを抑え、エド・シーランが洋楽チャート8週目の首位に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。