ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ARを使って大きさを計測するアプリが、驚くほど手軽でわかりやすかった

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ARを使って大きさを計測するアプリが、驚くほど手軽でわかりやすかった

ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利用して、現実のモノのサイズを計測するというアイデアです。

カメラでなぞるだけの
ヴァーチャル計測

ARを使って大きさを計測するアプリが、驚くほど手軽でわかりやすかった

「AR Measure」は、スマホ1台でいつ、どんなものでも採寸できるヴァーチャルメジャー。カメラに映る測定したいモノの始点をタップし、そのまま終点までカメラを移動させていくことで、画面上にARで再現されたメジャーがどんどん伸びていきます。ARを使って大きさを計測するアプリが、驚くほど手軽でわかりやすかったARを使って大きさを計測するアプリが、驚くほど手軽でわかりやすかった

ホームセンターで購入できるような、ごく一般的なメジャーには、長いものだと5mを超えるものもあります。まあ、これだけあればたいていのものは計測可能。でも、経験あるでしょうが、始点を誰かに持っておいてもらわないと、一人ではズレてしまって意外に面倒。

その点こちらはクリックひとつ。自分が動きながら対象物の長さを測れるというメリットも。実際には、カメラと対象物の距離や角度もあるだろうから、正確に計測するならば、ピタッとしたほうが良いのでしょうが、アプリだというと手軽さがいいんじゃないかと。

たしかに、カメラと連動させて寸法を測るメジャータイプのアプリは、これまでにも登場しています。だけどARと連動することで、より視覚的に距離感がつかみやすいと思いませんか。

AR新時代に合わせ
2017年秋以降ローンチ予定

ARを使って大きさを計測するアプリが、驚くほど手軽でわかりやすかったARを使って大きさを計測するアプリが、驚くほど手軽でわかりやすかった

現在、試作段階のAR Measure、この秋Appleよりリリース予定のiOS11に合わせてアプリもローンチするのだとか。E-mail登録でデビューをお知らせしてくれるそうですよ。Licensed material used with permission by LAAN LABS,(Facebook)

関連記事リンク(外部サイト)

今さら聞けない!話題の「AR・VR」ってどういう意味?
一歩先行くスノボの楽しみ方。「ARゴーグル」がスポーツを変える!?
チョコレートに「音楽」を添えて。こんなクリスマスプレゼントはどう?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。