ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【ビルボード】2週連続 若林暢の追悼アルバム2枚がトップ3入り『愛奏曲集』『ブラームスVn.ソナタ』

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ビルボード】2週連続 若林暢の追悼アルバム2枚がトップ3入り『愛奏曲集』『ブラームスVn.ソナタ』

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、先週に引き続き若林暢『ヴァイオリン愛奏曲集』が1位。生前奏者が愛したヴァイオリン小品集だ。また第3位にも先週と同様、若林暢『ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集』がチャートインした。6月20日から全国8カ所で行われているCDリリース記念追悼リサイタルの影響が大きく見える結果だろう。

 2位にはソニー・クラシカルから6月28日にリリースされた『蜜蜂と遠雷 ピアノ全集[完全盤]』が3位以下を大きく引き離してのチャートインとなった。第156回直木賞と2017年本屋大賞のダブル受賞となり、大きな話題となっている恩田陸の小説『蜜蜂と遠雷』。国籍も来歴も異なる4人のコンクール出場者全ての演奏曲全51曲を、各人物ごとに収めたCD8枚組のコンピレーション企画だ。内容はグールド、ホロヴィッツ、ルービンシュタイン、ラン・ランなど世界的ピアニストや、協奏曲ではラトル指揮ベルリン・フィルが収められる豪華盤。原作と同一の装画・装丁で世界観を忠実に継承したジャケットデザインや、ブックレットに収められた恩田陸書き下ろし短編小説も相まって、ファンには見逃せないアイテムとなっている。

 そして4位には、ナクソス・ジャパンより5月26日にリリースされて以降4週連続1位を記録し注目を集めるコンピアルバム『蜜蜂と遠雷 音楽集』もチャートイン。これで6週連続トップ10入りとなり、原作小説の人気ぶりを見せつける結果となった。text by yokano

◎【Billboard JAPAN Top Classical Albums】トップ10
1位『ヴァイオリン愛奏曲集』若林暢
2位『蜜蜂と遠雷ピアノ全集[完全盤]』
3位『ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集』若林暢
4位『蜜蜂と遠雷音楽集』
5位『月の光~リサイタル・ピース第1集』反田恭平
6位『0歳からの育脳クラシック』
7位『モーツァルト:歌劇「魔笛」全曲』オットー・クレンペラー
8位『ブラームス:交響曲全集』ジョージ・セル
9位『モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」(全曲)』カルロ・マリア・ジュリーニ
10位『ベートーヴェン:交響曲全集』マリス・ヤンソンス,バイエルン放送交響楽団

関連記事リンク(外部サイト)

7月13日付 【Top Classical Albums】
モルゴーア・クァルテット「結成25周年記念コンサート」開催 超絶技巧が唸るプログレ・ロック
諏訪内晶子インタビュー「自分自身が受けてきたものに対する社会への恩返し」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。