ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【ビルボード】関ジャニ∞『ジャム』が総合AL首位、音楽性の高さが後押しか

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ビルボード】関ジャニ∞『ジャム』が総合AL首位、音楽性の高さが後押しか

 今週の総合アルバム・チャート“Hot Albums”では、関ジャニ∞の約1年7か月ぶりのニュー・アルバム『ジャム』が首位を獲得した。

 CDセールスでは337,677枚の売上で1位となった本作だが、ルックアップでも2位以下を寄せ付けないポイントで1位に。蔦谷好位置、水野良樹(いきものがかり)、岡崎体育、ニセ明といった豪華クリエイター/アーティスト陣が参加したことによる高い音楽性への大きな注目に由来するものと思われる。これを裏付けるように、今週の総合ソング・チャート?Hot 100”では、収録曲の「今」がラジオとTwitterの2指標のみで30位にチャート・インした。

 2位には、韓国発9人組ガールズ・グループ、TWICEの日本デビュー作『#TWICE』が入っている。137,642枚を売り上げてCDセールス2位となった本作が、ダウンロードでは1位となり、ルックアップでも3位と、このチャートを構成する全指標で高いポイントを稼いでみせた。アルバムのリリース前から収録曲がソング・チャートを賑わせていた本作。その話題性の高さがアルバム・セールスにしっかりと結びついていることがよく分かる結果となった。

 続く3位は、“楽器を持たないパンクバンド”BiSHのミニ・アルバム『GiANT KiLLERS』。4位と5位には、イケメン役者育成ゲーム『A3!』のキャラクター・ソング・アルバムが2作品並んでいる。

◎【Hot Albums】トップ10
1位『ジャム』関ジャニ∞[エイト]
2位『#TWICE』TWICE
3位『GiANT KiLLERS』BiSH
4位『A3! FIRST AUTUMN EP』(ゲーム・ミュージック)
5位『A3! FIRST WINTER EP』(ゲーム・ミュージック)
6位『ALL TIME BEST ハタモトヒロ』秦基博
7位『UNLIMITED』B.A.P
8位『Mellow Waves』Cornelius
9位『FLY』清水翔太
10位『Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25』Mr.Children

関連記事リンク(外部サイト)

7月10日付 Billboard JAPAN HOT Albums
【ビルボード】関ジャニ∞『ジャム』が337,677枚を売り上げ、TWICEを抑えアルバム・セールス・チャート首位
関ジャニ∞×『スパイダーマン:ホームカミング』日本語吹替版主題歌「Never Say Never」解禁

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。