体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ピースボート乗船者紹介】姉妹2人で行く世界一周の旅!小山雪乃

【ピースボート乗船者紹介】姉妹2人で行く世界一周の旅!小山雪乃


姉です。25歳千葉県出身。3人兄弟の一番上、長女です。長女って我慢しがち、などと言いますがそんなこともなく、いままで割と奔放に生きてきました。

性格は一言でいうと、本当マイペース。小さい頃は玉入れ競争の時に、ひたすら玉を投げずに集めてまるでお宝のように自分のスペースに隠し持って満足してました。

 

あとは運動が好き。男の子と一緒に下着で校庭を駆け回ってました。黒歴史ですが。あとは映画が好き。1,000本以上は見てる気がします。

船に乗るまでは営業をやっていて、自分の分と妹の分の旅の軍資金を貯めました。なんて良いお姉ちゃん。

というのは冗談で「世界一周いきた~い」という、これまた我が道を行く私の提案についてきてくれたのが妹くらいだったというのが事実。

最初はバックパッカーで行こうと思って、飛行機やバスを乗り継いで、「ガンジス川でバタフライ」的なのに憧れていたんです。

photo by pixabay

ただ、そううまくはいかない現実とお父さん。毎日ニュースで流れてくる各国でのテロ事件のニュースが原因で、「女ふたりだと、いくら気を付けても危ないこともある!」と猛反対…

それからは、世界一周できる安全なツアーをぽちぽち検索しまくる日々…そして、数日後見つけたピースボートの記事。

待ってこれって、船旅で安全に、快適に、離脱(一度船から降りて、自分達で移動・観光してまた合流したい国の港で船に戻ること)を駆使して、旅すればいいんじゃない?

そうすれば行きたい場所にも行けるし、親も説得できるし、大きい荷物は船に置いていけばいいし、何かトラブルがあっても最悪船に戻ってくれば安全だし、

一石三鳥だ!

というわけで、私達姉妹は離脱をしまくります。

photo by tabippo

もちろん、船でも最大限楽しみます。船に乗って思ったのが、自分の人生を最大限に楽しんでる人がすごく多いということ。

船の上では、そんなたくさん魅力的な方のお話を聞いて、これからのキャリアや人生設計に生かしていきたいなぁ~なんて、思いました。

1番は自分の旅行を楽しむことなので、いつでもぎりぎり貧乏姉妹が離脱できちんと行きたい場所に行けるかどうか見守ってください。

(お金なくなって飢え死にしそうになったら倒れる前に帰ってきます)
(船で出るご飯をタッパーにいれてお弁当にするのは自粛します)

現地に行ったら沢山写真を撮って報告しまーす!それでは!

 

8月出港の乗船者、絶賛募集中です!

TRAVELERS BOATとは、2016年8月に出発した92回ピースボートの航海からスタートした、TABIPPOとピースボートが企画する、新しい船上プログラムです。2017年の8月に出発する95回ピースボートにて、TRAVELERS BOATプログラムに参加される方を今回募集しております!

プログラムの主な内容は以下の2つです。

①SNSでの情報発信やライターの経験を!

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。