体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ピースボート連載】全員が世界一周の経験者!ピースボートで働くスタッフをご紹介

【ピースボート連載】全員が世界一周の経験者!ピースボートで働くスタッフをご紹介

姉妹で94回ピースボートに乗船してます、姉の方です。自己紹介はコチラ!

今回の船旅の中で非常に仲良くなった、個性豊かでいつも乗船者を楽しませてくれる、ピースボートのスタッフのみなさんをご紹介します。

ピースボートの船に乗るまで、まさかこんなにスタッフの方々がフレンドリーで、友達や先輩のように振る舞ってくれると思っておらず、世界一周の旅が始まる前の不安はスタッフさんたちのおかげで解消されていきました。

 

スタッフは全員が元々ピースボートのお客さん!

1983年の初めての出航から、のべ5万人以上の参加者を世界一周に送りだしてきたピースボート。そんなピースボートの特徴とも言えるのが、ピースボートのスタッフさん(NGOピースボートの職員さん)たち。

とにかくいろんなバックグラウンドを持った、面白いスタッフさんばかりなんです。そしてなんと、ピースボートのスタッフの方々は、全員がピースボートでの世界一周を経験した人たち!中にはスタッフとしてこの船で世界を10周近く回っている方もいるとか!

 

今回お話を伺ったのは、94回ピースボートに乗船しているスタッフの方々。エンターテイメントな船上での生活は、こんなスタッフの方による手作りの空間です。

乗船者の洋上生活のすべてをサポートする、多才で個性的な方が多いスタッフのみなさんをご紹介します!

 

クルーズディレクターの田村美和子さん

あだ名は「たむさん」。生まれも育ちも大阪です。クルーズディレクターというのはピースボートの航海で全体の指揮を執る、いわば責任者です!

たむさんは姉御肌で天真爛漫。お客さんとスタッフのことを常に考えている素敵な方です。

高校卒業後、お菓子作りの専門学校に通われ、料理店でも勤務されていましたが、広い世界を見たいという理由で乗船。

【パーティで参加者とおしゃべりするたむさん】

当時のスタッフさんの人柄に惹かれて、ご自身もスタッフとして勤務。関われば関わるほど働く理由が増えていき、あっという間に13年。そんな彼女に、ピースボートの船の魅力について聞きました。

 

―ずばり、たむさんから伝えたいピースボートの魅力はなんですか?

出会いが本当に多いこと。現地での体験ツアーで学んだことや旅の体験談を、船に帰ってきてシェアしたり、自主企画で10~50人の前で発表できる場があったりします。旅の楽しさが何倍にもなるし、乗船者どうしで同じテーマを考え、体験することによって距離が更に近くなっていきます。

また、船の上には、ネット環境がありません。(wifiは100分2000円で購入して使用)現代の日本において、そんな環境は中々ないと思います。日本に帰った時、電車の中で同じ車両の人が全員スマホを見つめていたり、女子会やデートをしているのに携帯を片時も手放せなかったりという場面に出会うと、違和感を覚えます。

船では電波も使えないので、目の前の人との対話に集中できますし、一人の時にも本を読むなど、自分の内面と向き合う時間が必然的に増えます。自分が直接見たり聞いたりすることがこの船のコンセプトでもあるので、実体験で得たものを、今後の生活に生かしてほしいという思いで船を作っています。

 

―ピースボートって、スタッフさんとお客さんとの距離が凄く近いと思うんですが、たむさんは実際どうですか?

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。