体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【なつかしの味】コッペパンの可能性を追求したら、こうなった【盛岡製パン】

f:id:Meshi2_IB:20170530130514j:plain

じゃじゃ麺も南部せんべいも! (食)盛岡製パンにコッペパンの可能性を感じた

こんにちは。メシ通レポーターの鷺ノ宮やよいです。

私たちが小学生のころ、毎日のように給食で食べた「コッペパン」。

大人になった今ではめっきり口にすることが減ったけれど、たまには童心に返って食べてみたくなりませんか?

今回ご紹介するのは2017年4月28日にオープンした「(食)盛岡製パン」。ここでは常時30種類近くのコッペパンを買うことができるんです!

なかには、じゃじゃ麺、南部せんべい、前沢牛コロッケなんて変わり種も……。いったいどんなお店なのか確かめに行ってまいりました!

千葉・行徳駅近くにオープンしたコッペパン専門店

f:id:Meshi2_IB:20170530130213j:plain

地下鉄東西線行徳駅から徒歩3分ほどのところにある「(食)盛岡製パン」。

オープンの10時を前に、9時半ごろからお店の前にはお客さんが並び始めます。2017年4月のオープンから、すでに人気も上々な様子。

f:id:Meshi2_IB:20170530130344j:plain

それもそのはず。パン屋さんは数あれど、コッペパン専門、しかも28種類もの中身をそろえたお店なんてそうあるもんじゃないですから!

厨房で焼きあげるコッペパン。その数、一日1,000個!

f:id:Meshi2_IB:20170530130232j:plain

さて、さっそくですが中に入って厨房の様子を見せていただきましょう。

f:id:Meshi2_IB:20170530130239j:plain

こぢんまりとした外観からは想像できないかもしれませんが、コッペパンはすべてお店の厨房でイチから手作りしているんです。

f:id:Meshi2_IB:20170530130250j:plain
1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。