体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

IoT時代の「モノ」プランニング 『情感的価値・機能的価値・使用的価値・芸術的価値』とは?

デジタル・IT

自己紹介

はじめまして。中小企業診断士の河村裕司です。

経営コンサルタントとして支援先の企業が直面するモノづくりに関する様々な問題について一緒に悩んだり、その対応について助言をしています。

そして電子楽器メーカー、コルグの開発部で自分自身もモノの作り手として、「音のある日常」をより多くの人に届けるべく、魅力的な楽器作りに一生懸命、精を出しています。

プログラマの読者を多く抱えるCodeIQでモノづくりに関わっている僕の連載が始まったことを不思議に思う方もいるのではないでしょうか?

そこで、以降の連載がみなさんにとって読み進めやすくなるように、どうしてCodeIQで連載を始めることになったのか、その経緯からお話したいと思います。

ハードウェアとソフトウェアの境が曖昧になりつつある

近年、ハードウェアを取り巻く環境が急速に変化していると言われています。そして、それは決してハードウェア業界だけの話ではなく、ソフトウェア業界までも巻き込んだ産業全体の大きな唸りでもあります。

つまりハードウェアを取り巻く環境の変化は、ソフトウェアを取り巻く環境の変化でもあるのです。

これまでモノづくりを始めるには大きな設備投資が必要で、それが可能な企業は限られたものでした。

ましては、ハードウェアの製造とソフトウェアの製造、二足の草鞋を履くなんてことは潤沢な資本と人的リソースに恵まれたさらに一部の企業にしか到底できないことでした。

しかし、そんな話も過去のものになりつつあります。なぜ、このような変化が起きつつあるのでしょうか?ここで紹介できるのは一例ではありますが、以下のような新技術やサービスの発達が大きく影響しています。
新技術・
サービス
商品例
市場に与えた影響
クラウド・ファンディング
Kickstarter、Indiegogo
銀行以外からの資金調達や属人的営業に頼らない販路開拓が可能となった。
また、プラッフォームの集客をテコに世界市場に向けたプロモーションの場としても活用されている。
汎用マイコン
Arduino、Raspberry Pi
開発環境に劇的な変化をもたらし、小さなスタートアップや個人までもが旧来は考えられなかったような高性能な製品開発が可能になった。
工作機器(3Dプリンター、レーザーカッター等)
Replicator、FABOOL Laser Mini
少量多品種生産を容易にした。これにより高額な金型を購入し、金型費を大量生産により固定費を分散させることが不要になった。
個人、小規模ビジネスに向け決済
PayPal、Payza
手数料を抑え、迅速かつ安全な国内外送金が可能となった。

そして、このような変化を商機ととらえた様々なスタートアップ企業がハードウェアの開発に着手していることは、皆さんもよくご存知のことでしょう。

一方、AmazonはAmazon DashやAmazon Echo、GoogleはGoogle HomeやPixelといったように、これまでソフトウェアに力を入れてきた大手企業もハードウェアの開発に着手し始めています。

先日、ラスベガスで開催されている日本最大の家電ショーCESを訪問した際には、ジュエリーで有名なSwarovskiもブレスレット型のIoTヘルス機器を展示していました。このようにソフトウェア業界、ハードウェア業界をまたいだ横の動きも活発になりつつあります。

1 2 3 4 5次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会