体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ちょっと一杯飲みたい気分 オトナ女子のための安心ひとり飲み in代田橋

ちょっと一杯飲みたい気分 オトナ女子のための安心ひとり飲み in代田橋

いつものメンツでワイワイ女子会もいいけれど、ひとりでしっとりと飲みたい夜もある。モデルの落合沙織さんが、女心を揺さぶる『ひとり飲み』にぴったりのお店をぶらり訪問します。

京王線で新宿から2駅目にある代田橋。同じ路線にある、笹塚や下高井戸と比べると、ぐっと静かで小さな街です。それでも、夕刻ともなれば、少し早めの一杯を楽しむ人たちで賑わい始め、昭和の名残を醸し出す、風情のある光景に様変わりします。

今日、目当てに来たお店は、駅前から歩いて徒歩5分、甲州街道を渡った先の『沖縄タウン』にあります。 寂れた商店街を活性化させるために作られたという、ちょっぴり不思議なこのエリア。住宅街に突如現れたちぐはぐな沖縄を、それらしい雰囲気に演出している、小さな飲食店が集まっためんそーれ大都市場。場内の入り口のシーサーに出迎えられ、到着したのはしゃけ料理専門の立ち飲み屋、『しゃけスタンド』。

それにしても、ガラス戸の『しゃけスタンド』。なんてかわいいフォントなんだろう。

中に入ると、店主の小林さんとお姉さんのふたりが、せっせと仕込みの最中でした。

壁に貼られたお品書きの数の多いことといったら。しゃけをメインにした料理はざっくり20品ほど。その他にも、仕事帰りにさくっと食べたくなる、大衆居酒屋系のメニューがズラリと並んでいます。

あれ? おだしの良い香りが満ちていると思ったら、カウンターの角におでんの電気鍋が。
「夏でもアツアツのおでんが食べられるなんて嬉しいですね!」と笑顔になる落合さん。
しらたき、はんぺん、大根などのレギュラー的なネタの他に、シュウマイなんて変わったものも。しゃけ料理の立ち飲み屋ということもあり、鮭つみれもありました。

まずはお酒を選ぶとしましょう。
最初の一杯はビールが定番だけど、小林さんが、日本酒に詳しいと聞き
「女性におすすめの日本酒を教えて下さい」 と、質問。
「そんなに、詳しいわけじゃないですよ、好きなだけです」
と謙遜しつつも、心惹かれるラベルの瓶を出してくれました。

夏空に咲く向日葵が爽やか。
「天寶一」は、広島県備後に蔵を構える酒造です。

1 2 3次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。