ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

知ってた? 「日本版NCAA」ができるとこう変わる!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

知ってた? 「日本版NCAA」ができるとこう変わる!
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」。7月3日の週は夏休み中のサッシャに代わり、グローバーがお留守番ナビゲーターとして登場、寺岡歩美とお送りしています。そんな「STEP ONE」のワンコーナー「SPORTS DIGGER」では、7月4日(火)、大学スポーツの活性化に向けた新しい動きについて紹介しました。それは“日本版NCAA創設”。一体どういうものなのでしょうか? スポーツビジネスが専門の江戸川大学社会学部教授・小林至さんにお話を伺いました。

NCAAとはアメリカの大学スポーツの中央統括機構で、日本語に訳すと“全米大学体育協会”と呼ばれ、National Collegiate Athletic Associationの頭文字を取った団体のことだそう。

グローバーはバスケットボールをしていた当時、「NBAよりNCAAを見た方がいい」と言われていてよく見ていたとのこと。アメリカではテレビでもたくさん放送され、観客も多く入っていたそうです。小林さんによるとバスケットボールとアメフトが特に人気だそうで、バスケットボールは春の全国大会で1000億円の収益をあげているのだとか!

しかし日本の場合は、ビジネスよりもまずは大学のスポーツ全体の統括と発展が目的だそう。そもそも日本には、高校では“高体連”、中学校では“中体連”があるにも関わらず、大学スポーツには統括する団体無いのだそうです。

日本版のNCAAができることで変わることを小林さんに聞いてみると、「“かたまり”を作ることによって、今までできなかった様々なことができるようになると思います。例えば安全性の向上。現在、大学スポーツというのは『課外活動』『自主活動』ということになっていますから、保険や、ケガなど何か起きた時のことは“任意”なんですね」とのこと。そのため、日本版NCAAが安全に選手を育成することにつながるそうです。

また、「大学の成績がよくないと試合に出られない」というペナルティも考えられているそう。これはアメリカのNCAAが「学業との両立」を大きく打ち出していることと、それに比べると日本の大学スポーツが学業をおざなりにしていることもあり、“社会に出てから信頼できる人材を育てる”“長い人生を守る”ということも視野に入れているのだとか。

スポーツ団体の統合をする際、連盟同士の派閥争いを耳にすることもあると思いますが、日本版NCAAについては国が推進してリーダーシップを取ることでスムーズにいくのではと小林さんは予想していました。大学スポーツが発展し、それによって日本のスポーツが底上げされていく未来が楽しみですね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。