体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ピースボート乗船者紹介】会社を辞め夢だった世界一周の旅へ!小川このみ

【ピースボート乗船者紹介】会社を辞め夢だった世界一周の旅へ!小川このみ

栃木県出身。28歳です。あだ名は「このみん」ってよく呼ばれています。好きなタイプは外人やハーフです。日本人としか付き合ったことないけど(笑)。
今回94回クルーズに乗るまでには大きな決断がありました。まず、今まで働いてた東京インテリアを辞めました。私は今まで定職に就かずフラフラしていたので、やっと定職に就いた東京インテリアを辞めることを親にすごく反対されました。

でも、船に乗るまでの時間はまだまだあったので、ちょっとずつ両親を説得させようと思ってピースボートの良さを伝えたり、実際に船に乗った人の経験談のブログを見せたりなどして、徐々に理解して貰えるようになりました。

元々旅行が趣味で、今までも色んな場所に訪れました。海外も国内もどっちも。海外ではグアム、台湾、韓国、オーストラリア、スペインに行きました。オーストラリアではグレートバリアリーフで泳いで、スペインではトレドやサグラダファミリアを観光して世界の広さと凄さを知りました。

いつしか世界一周してみたいなと思うようになって目に止まったのがピースボートでの1枚の写真でした。初めはLINEのアカウントで見付けて友達追加をしましたが、いつか世界一周してみたいなと憧れる程度でした。

そのうち、行くまでの準備や実際に行った人の経験談を見て、あたしにも行けるんじゃないかって思うようになりました。ある時ピースボートに行きたいんだって話を友人に相談すると「試しに説明会に行ったらいいじゃん?」と言われました。説明会は近場でやってるし、無料だしなぁと思い行くことにしました。

説明会はシニアさんばかりで若者はあたし1人だけというアウェイな感じでした。だけどスタッフさんが「若い人も結構来るから大丈夫ですよ」と優しく教えてくれました。そして説明会で色々な話を聞いて気持ちはある程度固まりました。

まずは予約して、もし万が一気が変わったらキャンセルしようと初めは思っていました。その時はまだキャンセル料がかからない時だったので。だけど、色々な寄港地や船の事、行った人の経験談を調べたりしているうちにキャンセルどころかもっともっと行きたくなってきて、絶対行こうって固い決意に変わりました。

そして今、ずっと夢だった船に乗っています。

 

8月出港の乗船者、絶賛募集中です!

TRAVELERS BOATとは、2016年8月に出発した92回ピースボートの航海からスタートした、TABIPPOとピースボートが企画する、新しい船上プログラムです。2017年の8月に出発する95回ピースボートにて、TRAVELERS BOATプログラムに参加される方を今回募集しております!

プログラムの主な内容は以下の2つです。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。