体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

取り残される前に「自ら」仕掛ける――ドラッカーに学ぶ働き方

『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏さんに、P・F・ドラッカーの名言を解説いただくコーナー。第14回の今回は、「市場における第一人者」についてです。

【P・F・ドラッカーについて】

ピーター・F・ドラッカー(1909〜2005)は、オーストリア出身の著名な経営学者。激動のヨーロッパで古い価値観・社会が崩壊していくのを目撃。ユダヤ人の血を引いていたドラッカーはナチスの台頭に危険を感じて渡米、ニューヨーク大学の教授などを経て、執筆と教育、コンサルティング活動等に従事する。

ドラッカーが深い関心を寄せていたのは、社会において企業が果たす役割についてであり、生涯にわたって、組織内で人をよりよく活かす方法について研究、思考し続けた。「マネジメントの父」と呼ばれ、GE社のジャック・ウェルチ氏やP&G社のアラン・ラフリー氏など、ドラッカーを師と仰ぐ世界的な経営者は数多い。

f:id:tany_tanimoto:20170518141729j:plain

こんにちは。俣野成敏です。

著名な経営学者であるP・F・ドラッカー氏の言葉に「私なりの解釈を付けて読み解いていく」というこのコーナー。

世界中に支持者を持つ一方で、難解と言われることも多いドラッカー氏ですが、残された著書を紐解くことによって、長年にわたり世界的企業の第一線で指導を続けた氏の真髄に触れることができます。これを機会にぜひ氏に親しんでいただき、氏の英知をご自身の仕事に取り入れていただくきっかけとなりましたら幸いです。

本日は、下記の名言について解説いたします。

【本日の名言】

「デュポン社は、早くからこのことを理解していた。イノベーションを成功させたとき、独占的供給者の地位を維持するのは、開発コストを回収するところまでである。その後は、特許の使用権を与えて競争相手をつくる。その結果、多くの企業が市場や用途への開発を始める。(中略)市場において目指すべき地位は、最大ではなく最適である」

(P・F・ドラッカー『マネジメント』)

企業は常に開発競争に追われ、市場で熾烈な争いを繰り広げています。会社が市場である程度のシェアを獲得していなければ、そのビジネスを続けるのは難しい、とドラッカー氏は言います。

しかし同時に、氏は「それを越えると賢明とはいえなくなる市場シェアの上限というものがある。市場を支配すると居眠りに襲われる」とも言っています。つまりシェアが大きすぎると慢心する原因となり、小さすぎると広げる力がなくなる、ということです。

先に投資・開発を行い、その後「市場を解放する」

ドラッカー氏は今回の名言に関して、ナイロンの事例を挙げています。ナイロンはアメリカのデュポン社が1935年に発明した世界初の合成繊維です。同社は1940年にナイロンストッキングを発売しています。

東洋レーヨン(現・東レ)は1951年、頭金10億8000万円と売り上げの3%のロイヤルティという高額なライセンス料を支払って、デュポン社から特許使用権を得ました。当時、東洋レーヨンの資本金は7億5000万円であり、資本金以上の金額を支払ったことになります。しかし、これによって東洋レーヨンはナイロンの日本市場を数年の間、独占。他社が入れなかった間に同社はノウハウを蓄積しました。

実は、東レが取ったこのビジネス戦略も、基本はデュポンと同じものでした。つまり最初に巨額の投資を行って権利を獲得。他社の参入が許可された時には技術をものにし、すでに初期費用も回収していました。

現在、ナイロンは洋服から自動車用部品、釣り糸など、さまざまな用途に使用されています。しかしドラッカー氏は「いわばデュポン後援ともいうべき競争がなければ、市場の成長はかなり小規模なものにとどまっていたはずである」と述べています。

トップに立った後に市場から消えた商品

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。