ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

THE BACK HORN、「孤独」という言葉に込めた思い

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

THE BACK HORN、「孤独」という言葉に込めた思い
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」。7月3日の週は夏休み中のサッシャに代わり、グローバーがお留守番ナビゲーターとして登場、寺岡歩美とお送りしています。そんな「STEP ONE」のワンコーナー「MUSIC +1」。7月4日(火)のオンエアでは、人気ロックバンド「THE BACK HORN」から、山田将司さん(Vo)、岡峰光舟さん(Ba)をゲストにお迎えしました。

26枚目のシングル「孤独を繋いで」をリリースするTHE BACK HORN。前々作のシングルでは亀田誠治さん、前作は宇多田ヒカルさんを共同プロデューサーに迎えましたが、今回は完全セルフプロデュース。

「亀田さんとやった『With You』という曲と、宇多田さんとやった『あなたが待ってる』という曲は、ちょっとしっとりはしてるんで…アツい曲を夏に向けて出したいなってところで、ちょっとまたバンドサウンドでゴツっと自分たちでやりました」(岡峰さん)

「孤独を繋いで」の作詞作曲は山田さんですが、今回はライブをイメージした曲に仕上がっているそう。「ライブと、あとは“孤独”っていう言葉に昔、自分が救われてきて。『みんな一緒だよ』って無理して言われるんじゃなくて、『あなたはそのままで大丈夫だよ』って、自分をすごい肯定してくれる言葉なんですよね」と山田さん。

いろんな気持ちで来てくれるお客さんがいるので、一人一人が何を考えているかはわからないけれど、うまくいかなかったり、悲しい気持ちを無理に変えるわけじゃなくて、そこを肯定してから繋がっていく、という意味を込めて今回のタイトルになったそうです。

サウンドの方は、THE BACK HORNらしいストレートで無駄のない削ぎ落とされた印象ですが、「今回は、よりストレートに。メッセージ的にもそうだし、サウンドもシンプルな方が伝わりやすい、ライブでも響きやすいなって思います」と岡峰さんはおっしゃいます。

「孤独を繋いで」には、「KYO-MEIホールツアー 〜月影のシンフォニー〜 Live at 中野サンプラザ」のライブ映像が付いてくる初回特典盤もあるのですが、これには「今の自分たちを観て欲しい」という思いがあるそう。ライブ映像のほうには9曲も入っているのでこれはファンならずともゲットしたいですよね!

番組内では他にも、タイトル曲「孤独を繋いで」と一緒に入っている「導火線」「夏の残像」についての裏話も明かされました。

今年も数々の夏フェスに出演するTHE BACK HORN。より楽しむためにも新作「孤独を繋いで」はマストアイテムです!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。