体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅行者がニューヨークで犯しがちな6つの過ち

旅行者がニューヨークで犯しがちな6つの過ち

どこを旅行するにも、ガイドブックではなかなか触れられないローカルの視点があると嬉しいもの。高く評価されているレストランも、じつは評判ほどではないなんてこともありますし。

「Matador Network」のKate McNausさんが教えてくれるのは、ニューヨークを旅する上で心得ておきたい「6つの過ち」。予め知識を持って、準備を整えておくのも旅のオキテなのかもしれませんよ。

01.
観光スポットしか周らないこと

旅行者がニューヨークで犯しがちな6つの過ち

タイムズスクエアのエルモに会うことや、エンパイア・ステート・ビルディングの頂上でセルフィーを撮ることは、もちろん欠かせません。ワン・ワールドトレードセンターも圧巻ですし、ブルックリン橋からの景色は息を呑むほど。ですが、このように観光客で溢れかえっているスポットに限定してしまうと、シティの隠れた魅力を見逃してしまうことに。

たとえばタイムズスクエアから2,3ブロック西に歩くと、9番街・10番街のリーズナブルでそこまで混み合っていないバーやレストラン、そしてカフェを発掘できるでしょう。

ビールとソーセージの気分ならHallo Berlinはお薦めですし、フレンドリーに接してくれるArianaでは伝統的なケバブが味わえます。都会の忙しさにちょっと疲れ気味、そろそろビーチが恋しいあなたには、南国を匂わすRéunionのハッピーアワースペシャルがお薦め。夕飯前はエスプレッソとワインがおいしいTartinaへ出向くのもよし。

それからあまり知られていないのが、セントラルパークの北側。110番街には夏はプール、冬はスケートリンクになるエリアが。そこから徒歩で向かえるのがMorningside Park、そして世界で最も大きい教会トップ5にランクインするSt. John the Divine Cathedral。

郊外へ行きたいのなら、アストリア(クイーンズ)へ向かって、巷で有名なギリシャ料理屋さん、Aliadaでご飯。さらにはNYCの最古のビアガーデンBohemian Hallがあるのもここ。

歴史が好きならブルックリンの25番街のGreen-Wood Cemeteryへ行きましょう。ここは作曲家、レナード・バーンスタイン氏やアーティスト、ジャン=ミシェル・バスキアをはじめとするたくさんの著名人が眠りについている場所。

どうしてもスタテンアイランドに行きたいと言うなら、よしとしましょう。Staten Island ferryには無料ですし、そこから見る南マンハッタンや自由の女神の景色は極め付け。ここはマイナーリーグチーム、スタテンアイランド・ヤンキースの地元でもあるため、ヤンキースタジアムの何分の1かの料金で野球の試合を見ることができますよ。

02.
地下鉄で時間通りに目的地につけると考えること

NYCのPublic Advocateによると、2015年の電車の遅延数は65,000本、2016年には75,000本にも及んだそう。とくに週末は「時刻表」などないと思っていいでしょう。目的地にたどり着けると安心していると「工事のため…」とアナウンスが流れ、最低でも25本の電車が方向転換、または運行停止になるのがニューヨークの週末あるある。

『Matador Network』がまとめたNYC transportation guide(NYC交通ガイド)に交通のススメがバッチリと記されているので、前もってチェックしておきましょう。

03.
人混みの中で立ち止まること

旅行者がニューヨークで犯しがちな6つの過ち

観光客は、ニューヨーカーからしてみれば正直邪魔。

わかります。バケーション中だからショーウィンドウを何時間も眺めていられる余裕があることを。7番街のど真ん中でセルフィーを撮るときも、周りなんてお構いなしでしょう。ただ、少し横に寄ってくれると嬉しいだけなのです。でも観光客は、二人横に並んだまま急に立ち止まるものなんですよね。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。