ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

幻の彦根りんご復活200年祭イベントの開催について

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

イベント名
江戸時代に彦根藩に農園が開かれてから200年が経過することを記念し、「彦根りんご復活200年祭」、「第2回和りんごサミット」が開催されます!概要
彦根りんごを復活する会のこれまでの活動や復活200年祭にかける想いについては下記URLのリンクからご覧ください。

現在復活200年祭開催に向けてFAAVO滋賀でクラウドファンディングに挑戦中!

《幻の彦根りんご復活200年祭の概要》
(記念植樹)
日 時:平成29年7月21日(金)12:00〜13:00
植樹者:滋賀県知事、
彦根市長、
農研機構リンゴ研究 岩波領域長
場 所:彦根城公園内・彦根市立図書館前

(彦根りんご復活200年祭)
日 時:平成29年7月21日(金)13:00〜17:00
場 所:彦根商工会議所4階
(第1部/彦根りんご復活200年祭)
①記念講演「江戸時代の贈答文化と彦根りんご」 野田 浩子 氏(元学芸員)
彦根城博物館の学芸員として22年間勤め現在はフリーの立場で彦根藩主井伊家の歴史を研究中。

②活動報告「彦根りんご復活の活動」 八木原 俊長 氏(滋賀県彦根市)
彦根りんごを復活する会 会長。
幼少の頃から祖父の教えであった「彦根りんごを大切に」の意を受け継ぎ、
12年間にわたり彦根りんご復活に向けて活動。

(第2部/第2回和りんごサミット)
①「高坂りんご」(長野県飯綱町)米澤 紀之 氏
和りんご栽培の師匠(米澤 稔秋 氏)の息子さんで木の保存を継承され、
地域の名産品創りに邁進中。
善光寺に奉納、
馬籠の藤村記念館に植樹など。

②「おぶせ和りんご」(長野県小布施町) 小林 暢雄 氏
郷土史研究家で「おぶせ和りんごの会」事務局長。
涌井家・中山家に和りんごの木が残っており中村会長や会員の手で接木され、
新たなまちづくりのアイテムに。

③「越前和りんご」(福井県東郷町)   佐々木 教幸 氏
最勝寺の住職で造園業「庭研ふくい」を営み、
「ふくいPR隊@東郷研究会」会長。
8月の「おつくね(おにぎり)祭り」のデザートに和りんごを食べて〜と移植。
「東郷ふるさとおこし協議会」平成22年国交省地域づくりで表彰!

④「おおわに和りんご」(青森県大鰐町) 相馬 康穫 氏   
プロジェクトおおわに事業協同組合 副理事長。
平成24年地域づくり総務大臣表彰を受賞!大鰐小学校の校庭に小学生や八木橋理事長らと共に和りんご園を作り、
実は給食で。
自身は、
人生賭けて「日本の田舎町再生のお手本づくり」を推進中。
期間
開始日:2017年7月21日(金)12:00
終了日:2017年7月21日(金)17:00URL
https://faavo.jp/shiga/project/1993お問い合わせ先 担当者
彦根りんごを復活する会事務局 尾本 正和お問い合わせ先 電話番号
09011326713お問い合わせ先 メールアドレス
plan08@za.ztv.ne.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
みんなのPRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。