ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「BREAKOUT祭 2017」、Da-iCE、THE RANPAGEら7組が熱いライブを繰り広げる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「BREAKOUT祭 2017」、Da-iCE、THE RANPAGEら7組が熱いライブを繰り広げる

久々の太陽が顔を覗かせた、7月2日。Zepp Tokyoでは、テレビ朝日系の音楽番組「BREAK OUT」が主催するライブイベント「BREAK OUT 祭2017 TOKYO」が開催された。

そこに集まったのは、計7組の個性豊かなアーティストたち。開場前から、Zepp Tokyoに作り出された、ファンたちによる長蛇の列からは、彼らの注目度の高さを伺える。

オープニングアクトとして登場したのは、今や、新たなイケメンジャンルとして、ブームになりつつある、「Candy Boy」の7人。

紹介VTRの後、代表曲「陽のあたる窓辺」が流れ出し、7人が登場。登場するや否や、オーディエンスからは、黄色い声援が送られ、曲に合わせ、ペンライトの光が大きく揺れた。

曲が終わると、バレエのような優雅なダンスに乗り、一人一人が自己紹介。そして、次の曲「この気持ち花束に込めて」へ。MCを挟み、「雨の祝福〜Les amoureux〜」を披露。実際に傘を使った、ストーリー性のあるフォーメーションダンスで、オーディエンスをCandy Boyの世界へ誘う。

続けて、切ないスローチューン「あしあと」。歌、ダンス、表情を使い、夏の終わりの切ない物語を表現した。ラストは、「Oh! シンデレラ」。オープニングアクトとして、会場を癒しと温もりで包み込んだ。

時刻は、17:00。タイトルコールの後、「BREAK OUT」の番組ナビゲーター・IMALUが登場。「BREAK OUT 祭2017 TOKYO」がスタートした。

「BREAK OUT 祭2017 TOKYO」、最初に登場したのは、近年、数多あるダンスボーカルグループの中でも、楽曲やダンスパフォーマンスのクオリティ高さが秀でていることで注目されているFlowBack。彼らの登場で、会場のテンションは一気にフルスロットルに。

スタートから、「FlowBack」「All This Time」を続けて披露し、彼らのメジャー1stアルバ「VERSUS」から「VERSUS」へ。ヘビーなビートに乗り、5人のダンスとJUDAIの鋭いラップが冴え渡る。

MCでは、「ワッショイショーイ!」と会場を一つにする掛け声で、さらにオーディエンスを盛り上げる。そして、TATSUKIが曲への想いを語ると、次の曲「BOOYAH!」へ。

過去の悔しい想いと未来への強い意志を感じさせる力強いパフォーマンスを披露し、そのまま、この日が初披露となる「VERSUS」収録曲、「Calling」へと続けた。

MCを挟み、「Heartbreaker」。この曲のパフォーマンスの代名詞「お立ち台」が登場し、オーディエンスからは、「待ってました!」と言わんばかりの歓声が上がった。順番にその上に立つパフォーマンスにより、会場の熱は、さらにヒートアップ。

最後は、「Let’s Get Together」でタオルを大きく振り回した彼ら。それに、オーディエンスは、ペンライトを大きく振り応える。会場を一気に一つにしたライブとなった。

続いては、動画投稿サイトから火がつき、今年9月27日には、メジャーデビューが決まっている、MC担当「ハシシ」とパフォーマンス兼ボタンを押す係「nicecream」の2人からなるヒップホップユニット・電波少女。

彼らは今回、「BREAK OUT」番組企画「NEXT BREAK ARTIST」としての登場。会場が真っ暗闇に包まれると、突如無数の不気味に光るお面が浮かび上がり、一曲目「INTRO」へ。曲中も再び暗転し、全身蛍光色に点滅する服をまとったダンサーが、順番にダンス繰り広げるなど、時代の先を行くパフォーマンスを披露した。

続けて、「FOOTPRINTZ」、「ME」へ。ビートに、ハシシのラップが乗り、存在感とインパクトを残したパフォーマンスとなった。

続いての「NEXT BREAK ARTIST」は、5人全員ボーカルリストの次世代ボーイズ・ボーカルグループ、COLOR CREATION。

今日このBREAK OUT祭が初ステージとなった彼ら。登場するや否や、ウィズ・カリファの名曲「See You Again」をアカペラカバー。5人の歌唱力の高さを大いに見せつけ、2曲目「Summer Love」へ。夏のドライブで聴きたくなるような爽やかなメロディーに乗せ、芯のある歌声を届けた。

MCを挟み、今年8月23日リリースのシングルに収録されている「Waiting For You」を披露。楽曲をオーディエンスに届けたいという、強い想いが感じられる歌声が会場の隅から隅へ、響き渡った。

続いて登場したのは、EXILE TRIBEの新生グループ・THE RAMPAGE from EXILE TRIBE。今年1月のデビューにもかかわらず、その人気と勢いは止まるところを知らず、登場とともに、オーディエンスからは、会場が揺れるほどの歓声が上がった。

一曲目「FIND A WAY」から、総勢16人による迫力のパフォーマンスを披露。勢い止まらぬまま、「Knocking Knocking」へ。一糸乱れぬ、フォーメーションダンスで会場を盛り上げる。

今回が、BREAK OUT祭2回目の出演となる彼ら。MC後、川村壱馬(Vo.)のラップから「Lightning」へ。彼らの振る手に合わせ、オーディエンスもペンライトを振る。それにより、会場は、どんどん一つになっていく。

前回の出演よりも、一層オーディエンスを意識したパフォーマンスを披露していく。そして、ダンストラック「RAMPAGE ALL DAY」。パフォーマーが順番に登場し、個性豊かなソロダンスを披露してく。一人一人が出る度に、オーディエンスは、大きな歓声を上げた。

最後は、パフォーマー13人が全員登場し、攻撃的でありながら、細部まで繊細なダンスを披露した。そして、「GO ON THE RAMPAGE」「ELEVATION」のアップチューン2曲へと繋げた。

MCを挟み、7月19日リリースの3枚目のシングル「Dirty Disco」へ。今までの力強い楽曲とは打って変わって、80年代のダンスミュージックを今風にアレンジした楽曲となっている。

MCレクチャーした、〈D.A.N.C.E.〉のダンスを、オーディエンスも一緒になり披露。盛り上がりはピークに達し、ラスト「Shangri-La」へと続き、歓声鳴り止まぬ中、16人は、ステージを後にした。

「NEXT BREAK ARTIST」として、EXILEのHIROも認めた、中学生と高校生のポップダンスチーム・FORCE ELEMENTSが登場。

ニューヨークアポロシアターで行われた大会のチャンピオンを始め、個々でも数々の大会優勝経験のある彼らが、今日は、Zepp Tokyoのステージでパフォーマンス。「BREAKOUT祭 2017」用に作られた特別トラックをバックに、世界基準のダンスを披露。これまで、世界を魅了してきた彼らのダンスに、オーディエンスは息を飲んだ。

転換中には、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの浦川翔平改め、DJ Sho-heyが登場。ミラーボールが輝く中、トラックを回し、彼のDJタイムがスタート。徐々に、THE RAMPAGEのメンバーも登場し、盛り上がりを見せた。

「BREAK OUT祭2017 TOKYO」、トリを務めたのは、今年行われた、武道館公演を大成功に収め、ますますキテいる5人組・Da-iCE。彼らが登場しただけで、会場が揺れるほどの歓声が飛び交った。

スタートは、今年6月にリリースし、iTunesで1位を獲得した「トニカクHEY」。続けて、「WATCH OUT」
さらに、DREAMS COME TRUEの名曲「大阪LOVER」をダンスチューンにアレンジし、新たな形で披露。

曲の中盤のダンスパートでは、5人の息のあったダンスを披露し、オーディエンスの歓声は、また一段階大きくなった。

MC中には、それぞれの名前が何度も叫ばれる中、「恋ごころ」「REASON」の切ないナンバーへ。MCを挟み、8月30日、12枚目となるシングル「君色」を披露。

メンバーが、“片想いする人のための夏の主題歌”と語るこのナンバー。アコースティックギターのサウンドとボーカル2人の声が響き渡り、オーディエンスは聞き惚れた。

ラストは、アップチューン「パラダイブ」。レーザービーム飛び交う会場で、オーディエンスは思いっきり、タオルやペンライトを振り回し、今日一番の盛り上がりを見せたところで、全アーティストのパフォーマンスが終了した。

再びMC・ IMALUと出演アーティスト全員がステージに登場。最後に、イベントからファンへ「プレミアム・フォトセッション」のプレゼント。抽選の結果当選したファン3名が、ステージに上がり、出演アーティストとの集合写真を撮影した。

その後、会場全体でも記念写真を撮影し、会場は、最後の盛り上がりを見せた。歓声止まぬ中、「BREAK OUT祭2017 TOKYO」は、幕を閉じた。

このイベントの模様は、毎週木曜日25:26からテレビ朝日系全国24局で絶賛放送中の「BREAK OUT」内で放送が決定。詳細は、改めて紹介される。

ライブレポート:はっとり
写真:西田航、河邉有実莉(WATAROCK)

「BREAK OUT」番組サイト
http://break-out.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。