ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

軽オープンカーにMTBを積載! 風とともに走る自転車の達人【遊戯三昧】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

カーセンサー本誌にて、車を自由に使いこなす遊びの達人たちを特集した連載「俺たち遊戯三昧」からの転載。 今回はプロダクトデザイナーの角南健夫さんが乗りこなす、ホンダ ビートに注目!

▲プロダクトデザイナー。家具、家電、ロボットなど、幅広い工業製品を手掛ける。分解組み立てが可能なモジュール構造をもち、製造コストの低減にも考慮した新発想の自転車「MINDBIKE」をデザイン(今夏発売予定)。他にアウトドアブランド「MONORAL」も主宰

▲プロダクトデザイナー。家具、家電、ロボットなど、幅広い工業製品を手掛ける。分解組み立てが可能なモジュール構造をもち、製造コストの低減にも考慮した新発想の自転車「MINDBIKE」をデザイン(今夏発売予定)。他にアウトドアブランド「MONORAL」も主宰

自転車と同じ感覚で乗れるオープンカーが好き

頑丈なフレームに太いタイヤを装着したMTB(マウンテンバイク)は、険しい山道でも軽快に走れるのが魅力。スピードとバランスを操りながら、刻々と変わる自然の中で風を感じ、自由を謳歌する醍醐味を、角南さんは高校時代から味わってきた。

▲フレームを塗り替えて、シマノのクラシックなメカで組んだMTBを愛用

▲フレームを塗り替えて、シマノのクラシックなメカで組んだMTBを愛用

「乗り物は好きだけど、そのために資格を取るのが面倒で、ずっと自転車一筋でした。ただ、山で遊ぶうちに自分好みのアウトドア道具を作るようになり、それが仕事にもなってからはキャンプ場に通う機会が増えて、ようやく重い腰を上げて車の免許を取ったのが3年前のことです」

現在、3台の車を所有する角南さんだが、今回はその中からホンダ ビートを選んで取材場所に来てくれた。軽自動車、それも 2人乗りのオープンカーにMTBを積んでいるところが、なんともすごい。

「 これでも最新のホンダ S660よりは収納力があります。自転車はキャリアを替えれば2台積めるし、2人でキャンプにも行ける。そもそもこの車を選んだ理由の一つは、幌を開けたときの視界の良さ。ずっと自転車に乗ってきたので、屋根付きの車だと死角が多くて不便に感じるんです」

▲脱着式のキャリアにMTBを固定。工夫すれば何とか積めるものなんです!

脱着式のキャリアにMTBを固定。工夫すれば何とか積めるものなんです!

しかも、ビートは安かった。「 総額で約40万円。膨大な部品数なのに、高性能自転車と変わらない値段に惹かれました。でも、やっぱり古い車はそれなりに維持費がかかりますね……」。エンジンのタイミングベルトとウオーターポンプを2度交換し、コンピュータも交換。

さらにエンジンバルブを破損してオーバーホールしたものの、路上でエンジンブローして、結局丸ごと交換。エアコンやオーディオも修理し、好みに合わせて足回りや内装品を交換した結果、これまでにかかった費用は100万円に達したとか。

「プロダクトデザイナーとして、いつかメッサーシュミット(※)みたいな楽しい車を作るのが夢なので、そのための授業料と思って楽しんでます」。中古車の楽しさ、そして道具や積載方法を工夫してミニマムに遊ぶ楽しさを、角南さんは身をもって教えてくれる。

※メッサーシュミット:ドイツの航空機・自動車メーカー。文中での“メッサーシュミット”とは、独創的な設計の超小型3輪車、「KR200」(1955~ 64年)のこと。

▲交換したステアリングとコラムの間に挟むボス(銀色の部分)はアルミで自作

▲交換したステアリングとコラムの間に挟むボス(銀色の部分)はアルミで自作

▲これまでにレッカー車を呼んだこと3回。トランクには万が一に備えて工具を積んである

▲これまでにレッカー車を呼んだこと3回。トランクには万が一に備えて工具を積んである

▲山の駐車場でキャンプして、翌朝からMTBで走るという角南さん。写真は愛用のキャンプ道具。椅子(左上)はディレクターを務める「NEUTRAL OUTDOOR」のもので、その右が自身のブランド「MONORAL」の焚き火台。いずれも展開や撤収が簡単な小型・軽量ギアばかりだ

▲山の駐車場でキャンプして、翌朝からMTBで走るという角南さん。写真は愛用のキャンプ道具。椅子(左上)はディレクターを務める「NEUTRAL OUTDOOR」のもので、その右が自身のブランド「MONORAL」の焚き火台。いずれも展開や撤収が簡単な小型・軽量ギアばかりだホンダ ビート(初代)を探す▼検索条件ホンダ ビート(初代)text/櫻井香

photo/見城了

関連記事リンク(外部サイト)

ホンダ ビート(初代)を探す

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。