体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

背伸びしてでもGetしたい!ローラも注目「メゾン フランシス クルジャン」の香りでいい女を演出♡

生活・趣味
@franciskurkdjian/Instagramワンステップでいい女度を上げるなら、欠かせないのがフレグランス。

すれ違った時にふわりといい香りが漂うと、それだけでステキな印象が残りますよね。

・ローラもお気に入りのフレグランス

ちょっと背伸びしてでも、とりわけ上質な香りをまといたいなら、チェックしておきたいのが「Maison Francis Kurkdjian(メゾン フランシス クルジャン)」。

今や海外でも活躍しているモデルのローラさんもインスタで紹介しています。

I got this cute little perfumes!and…I had an amazing wonderful New Years time with my friends in LA😂🌴🍳 I’ll never forget this fun memories and I’m so excited to see our crazy video when I get back home😂 今回LAでおともだちと過ごしたこの1週間、まいにち信じられないくらい楽しくって、一生忘れられないおもいでになった😂🌴 帰ったらあのクレイジーな動画みよっとー😂👍🏼🍪

ROLAさん(@rolaofficial)がシェアした投稿 – 2016 1月 6 4:13午後 PST

メゾン フランシス クルジャンは、調香師として揺るぎない地位を確立したフランシス クルジャンが手掛けたパリの高級フレグランスブランド。

ピュアで希少なエッセンシャルオイルを厳選し、品質とノウハウにこだわった、ユニークなフレグランスのコレクションを展開しています。

・背伸びしてでも手に入れたいメゾン フランシス クルジャン

なかでも王道のローズを使ったフレグランス「ア ラ ローズ オードパルファム」は、身にまとうだけでエレガンスを体現する香り。

Maison Francis Kurkdjianさん(@franciskurkdjian)がシェアした投稿 – 2017 6月 9 9:38午前 PDT

有名な「薔薇を持つマリー・アントワネット王妃(仏名:ア ラ ローズ)」のポートレートをモチーフに、フランシス クルジャンが日本のためにつくった特別なフレグランスなのだそう。

希少なグラース産センティフォリアローズとトルコ産ダマセナローズの贅沢なブーケの香りに包まれると、自然と仕草までしとやかになりそうですね。

1 2次のページ
生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会