ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

もしも殺虫剤がなかったら…!?夏の天敵“G”対策を考える

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

いつだって事件は突然やってきます。

それもこちらが油断しているときに限ってやってくるものです。

夏の天敵“G”は、まさにその象徴ともいえるでしょう。そこで今回は思い出すのも嫌ですが、それでも万が一を想像したら備えずにはいられない、夏場の「G対策」を考えたいと思います。

 

「うちには出ない」という考えをやめること

というのも、大半の人は「うちに限って出ないだろう」と高をくくっているからです。

 

ですが、奴らは数ミリの隙間さえあれば、どこからでも侵入してきます。マンションの上の階だろうが、整理整頓された家だろうが、そんなの関係ありません。ふと部屋の隅に視線を向けたとき、黒い物体がカサカサと動いているっ!!その瞬間、誰もが慌てふためくのです。

 

そのためにも、まずは「出ない」という思い込みを捨てて、「もし出たらどうしよう?」の精神でいることが必要です。

 

殺すか逃がすか、どちらが賢明か判断をしよう

春夏に出さない! ゴキブリ撃退マニュアル
からだにいいこと 2015-02-16 発売号
Fujisan.co.jpより

 

「うちにも出る」という意識があれば、見つけたときのショックは少なくて済みます。

 

まずGを見つけたら、殺すか逃がすかの判断をしましょう。なぜなら、この判断が遅れてしまうと、最悪、Gが動き出し、何かの隙間などに逃げてしまいます。室内にいるかどうかわからず、怯え続けるのは嫌なものです。

 

見つけたら、驚くのは我慢して、まず判断する。そうすれば、次のアクションに移れます。こちらの対応が後手後手にならないためにも、5秒前後で決断を下したいところです。

 

手元に武器がないときに役立つ、身の回りのこんなアイテム

殺虫剤は最強の武器です。とはいえ、必ずしも手元にあるわけではありません。むしろ、こちらの準備が整っていないときに限って現れることを考えれば、手元にない状況を想定しておくほうが現実的です。

 

まず遭遇率として高いのが、台所です。台所で効果的な武器といえば、液体洗剤でしょう。筆者の経験上ですが、動きを遅くでき、かつ弱らせることができるので、とっさの武器として使えます。その間にポッドの熱いお湯をかければ、すぐに息の根を止められます。

 

リビングであれば、やはり新聞紙。なければ、捨てることを前提に本や雑誌などがオススメです。叩き潰すのにぴったりの面積や重さもあり、慎重に狙えば外すことはありません。近くに掃除機があれば、壁や天井にいたとしてもサッと吸って、ごみ袋にそのまま入れるだけですみます。

 

また、道具を選ぶ必要はありますが、コップのような被せもので蓋をするのもありでしょう。その間に殺虫剤を取ってくるなど別の手段が取れます。

 

突然家の中にいて、周囲の人間を困惑させるのが夏のGです。いきなり遭遇してパニックにならないためにも、頭の中でつねに予行練習をしておきましょう。くれぐれも相手を見失わないことが肝心です。

 

関連記事リンク(外部サイト)

一人暮らし必見!すぐに始められる観葉植物ライフ
【毒対決】人間界VS生物界、どっちの毒が恐ろしいのか?
具体的な花粉・アレルギー対策を知っている家庭は約2割。学校でも対策授業の必要性
「体で聞く」大型連休で彼女を惚れ直させる!モテ男の会話術3選
【脱タラレバ!】人生で成功したければ、「とりあえず」を合言葉にせよ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。