体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

時速100km超でカッ飛ぶドローンレース『JAPAN DRONE NATIONALS 2017 in SENDAI』現地レポ!

2017-0702-japan-drone-internationals-sendai-09

超高速でドローンを操る技を競う大会『ジャパン・ドローン・ナショナルズ』が宮城県仙台市で2017年7月1日から2日にかけて開催されました。

・JAPAN DRONE NATIONALS 2017 in SENDAI(JDRA主催)

何かと話題のドローンですが、レース大会となると一体どんな様子なのか? わからないことも多いので、さっそく現地に潜入してその様子を探ってみることにしました。

会場となったのはゼビオアリーナ仙台。床面積約2100平方メートルの屋内アリーナで、今回のレースは行われていました。
2017-0702-japan-drone-internationals-sendai-01

出場選手が使用するのは、カスタマイズされたドローン(写真右奥)とコントローラー(写真左)、そしてドローンに搭載されたカメラから送られてくる映像を見るためのゴーグル(写真手前)です。
2017-0702-japan-drone-internationals-sendai-02

コースの様子は以下の通り。LEDを取り付けられたゲートを決められた順番でくぐり抜けながら飛ぶ速度を競います。
2017-0702-japan-drone-internationals-sendai-03

黄色と赤の点線で示されたラインが飛行コース。グネグネと左右に曲がっている上に、高度差も大きくパイロット泣かせです。
2017-0702-japan-drone-internationals-sendai-04

パイロットはこのようにゴーグルを付けた状態でドローンを操縦します。
2017-0702-japan-drone-internationals-sendai-05

パイロットがゴーグルの中で見ている映像はこんな感じ。前方以外は完全に死角なので、急ターンの際などはコースを覚え、映像と視覚に頼らず感覚で操作することが求められるそうです。
2017-0702-japan-drone-internationals-sendai-07
画像提供:JDRA

1 2次のページ
Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。