ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

マーベルのファイギ社長、トム・ハーディ主演のヴェノム作品にスパイダーマンは登場しないとコメント

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


ヴェノムはスパイダーマン・シリーズの中で最大の悪役の1人だが、トム・ホランド演じるスパイダーマンはヴェノムを主人公としたスピンオフ作品には登場しないだろうという情報を本紙ヴァラエティは掴んだ。

ホランド演じるスパイダーマンが、トム・ハーディのヴェノムのスピンオフ作品に登場するかもしれないという多くのファンの推測を受け、6月28日(現地時間)、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長はカリフォルニア州ハリウッドで開催された『スパイダーマン ホームカミング』のワールドプレミアでヴァラエティと話し、その噂を断ち切った。

スパイダーマンはヴェノムのスピンオフ作品に登場するのかを尋ねられると、ファイギは「いいえ」と即座に答えた。

彼は続けて「いいえ、ここにいる皆さんは素晴らしい『ヴェノム』作品を作っています。私はこの件についてあまり詳しくはありませんが、トム・ハーディと良いスタートを切れるだろうと思っています」とコメントした。




『ヴェノム』はトム・ハーディが演じるキャラクターを中心としたストーリーで、ルーベン・フライシャーが監督を務める。この作品は拡張された『スパイダーマン』の世界観を構築するためにソニーが始めた取り組みで、2018年に米劇場公開を予定している。

ホランドが演じるスパイダーマンはこの作品に登場しないが、映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のカメオ出演に続き、映画『Avengers: Infinity War(原題)』にも登場する。『Avengers: Infinity War(原題)』にスパイダーマンはどのくらい登場するのかをファイギに尋ねたところ、彼は口を閉ざし「あまり話すことはできない」と答えた。

『スパイダーマン ホームカミング』のプレミア上映におけるケヴィン・ファイギのインタビューと、トム・ホランドとのインタビューはこちら:





カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。