ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

貼り付けてグリグリ角度を変えられるタブレットスタンド「MiStand+」が驚くほど快適そう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
MiStand-1

タブレットをもっている人であれば一度はスタンドを買ってみたいと考えたことがあるのではないだろうか?スタンドにとってタブレットを置いたときの角度は大変重要で、買った後に気に入らないというパターンもあるだろう。

このたび前作よりグレードアップしてかえってきた「MiStand+」であればそんな失敗はないはずだ。

・自由自在に角度調整が可能

MiStand+はポリウレタン製の粘着型素材が取り付けられたプレートと土台、それを繋げる巨大な球体磁石で成り立っている。この粘着素材が強力で、ケースをつけた状態でもプレート上で「ピタッ」としっかりタブレットを固定してくれる。

MiStand-2

接続部の磁石が球体となっているため、グリグリと回すように自由自在に角度や方向の調整が可能だ。ショップの展示用としても活躍してくれそうだ。

・洗練されたアルミニウムデザイン

スタンドそのものは洗練されたアルミニウム素材でできており、Apple製品に大変よく合うデザインといえる。今回の第2世代ではスタンドにケーブルを通す穴が設置されたのと、粘着部分の厚みが2倍ほど増し耐久性が向上した。

MiStand-3

また接続部分の球体磁石の質も強力になり、前作に比べ33%も強力になったそうだ。これなら一般的なタブレットであればどんなものでもしっかりホールドできるだろう。

MiStand+は2017年9月頃の発送を予定しており、今ならIndiegogoにて1台30ポンド(約4340円)で注文できる。一度使い始めたら他社製品に戻れない気がするのは私だけだろうか…。

それくらい快適そうなスタンドである。

執筆:Doga

MiStand/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。