ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

次世代型家庭菜園はコレ!完全密閉で作物を育てる自律型デバイス「Seedolab」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

seedo_1家庭菜園もスマート化が当たり前の時代。アプリを使って簡単に栽培できるデバイスが、市場でも大人気だ。

今回ご紹介する「Seedolab」も、期待度マックスの新製品。事前知識や経験は不要。種を入れるだけで植物が自動成長する、自律型の栽培デバイスだ。

・至れりつくせりの完全自動システム

見た目は、小型の冷蔵庫といった感じの本品。内蔵されているのは、特許出願中の照明システム。プラントとの間に常時最適な距離を保ちながら、自動調整で成長に必要な光を当てていく。

seedo_2内部は、滅菌密閉型エコシステム。中でA / C(空調起動スイッチ) が稼働し、害虫や臭いの発生を防いでくれる。水やりももちろん、オートメーションで。専用のボトルをセットしておくだけで、センサーが感知して、必要な量の水を与えるようになっている。

光合成中にCO2を放出するためのカートリッジや、途中経過がわかる内部カメラも実装。乾燥システム、自動洗浄装置も付いて、至れり尽くせりだ。

・専用アプリで楽々コントロール

seedo_3監視と操作は、専用アプリで行う。何か問題が生じた場合に自動で受信する“通知アラート”や、実績のある成長レシピを選択し、希望どおりに変更できるコントローラーなど、多彩な機能を完備。コミュニティを使って、仲間同士で成長記録をシェアすることもできる。

夏場の畑仕事は重労働。しかし、「Seedolab」なら、炎天下で土を耕したり、虫と格闘する心配もいらない。部屋の隅にぽんと置いたその瞬間から、好きな野菜を育てることができるのだ。

現在、ホームページでプレオーダー受け付け中。価格は1200ドル(約13万5000円)から。

Seedolab

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。