体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【現地ルポ】夏のシチリアで食べたいグルメ7選

夏のシチリアで食べたいもの7選
はじめてシチリア料理にハマったのは、チェファルーのおばあちゃんのやっている小さな店でトマトソースのパスタを食べたとき。唐辛子の辛みが効いたそのソースは、なんと砂糖がしっかり入って甘辛かったのです。

その後そこまで甘いトマトソースには出会えていませんが、「地中海の十字路」と言われるシチリア料理の神髄は、思いがけない味付けがあるように思います。

今回は、夏のシチリアで食べたいもの7選をご紹介いたします!

夏のシチリアで食べたいもの7選

いわしのパスタ/Pasta con le sarde(パスタ・コン・レ・サルデ)

夏のシチリアで食べたいもの7選
イワシがごろごろしたいかにもシチリアなパスタ。

夏のシチリアで食べたいもの7選
(c)Shio Narumi

こんな風にイワシ感がないものも。でも味はちっとも地味ではないという意外さ!

いわしの旨味をトマト・にんにく・アンチョビ・松の実が支えつつ、干しブドウの強い甘味、フェンネルの香味がブカティーニという太めの麺にしっかり絡みます。しょっぱめのお店もありますが、甘めの仕上がりの方が美味しいです。

パン粉のざらざら、ざくざくとした食感もやみつきになるのですが、夢中になって食べるとむせるのご注意を。

魚介の前菜盛り合わせ/Antipasto misto di mare(アンティパスト・ミスト・ディ・マーレ)

夏のシチリアで食べたいもの7選
夏のシチリアで食べたいもの7選
(c)Shio Narumi

「いろいろなものを少しずつ」を叶えてくれるのが前菜盛り合わせ。魚介の場合は生の海老が出てくることが多く、日本人にはうれしいメニューです。

左下はカジキ。ミントを添えられていることが多いのもシチリアな印象。カジキの出場頻度はとても高く、お店の人におすすめメニューをきいてもカジキのことが多くて、いつの間にか苦手意識がなくなりました。

左上の赤いものはまぐろの生ハムだったかと思います。魚のすり身もうれしいですね。

次はシチリア滞在中5回は食べたというあのメニュー。

ウニのパスタ/Spaghetti ai ricci di mare (スパゲッティ・アイ・リッチ・ディ・マーレ)

夏のシチリアで食べたいもの7選
夏のシチリアで食べたいもの7選
(c)Shio Narumi

少なくとも5回はシチリア各地で食べました。ウニを食べたいという願いが叶う幸せ! テーブルに着くまでに割と熱が通っていることもあります。これはウニがちょびっとですが、色合いがいいですね。

夏のシチリアで食べたいもの7選
(c)Shio Narumi

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。