ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

FLOW、15周年ツアー開幕「みんなとやってきた15年です。改めて、本当にありがとう」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
FLOW、15周年ツアー開幕「みんなとやってきた15年です。改めて、本当にありがとう」

FLOWが7月2日、東京・恵比寿リキッドルームでデビュー15周年突入記念 全国6大都市ツアー「We are still Fighting Dreamers」をスタートした。

<ライブレポート>
SEのスタートと同時に恵比寿リキッドルームを包んだ歓声は轟音。誰もがこの時を待っていた。IWASAKI、TAKE、GOT’S、KEIGOの順にメンバーが登場。少し遅れてKOHSHIがステージに入ってきた1曲目から会場は全員の大ジャンプで大揺れ。昔からのファンもFLOWを最近知ったかもしれないライブキッズ層も入り混じってグイグイと前方の人口密度を濃くしていく。

今回のミニアルバムのためにメンバーそれぞれが作った楽曲から、KOHSHI作の「Go! Go! Drinkers」ではKOHSHIが楽曲中にショットを一気に飲み干した。「以前からお酒をテーマにした曲を作りたいと思っていてやっと書けた」と語っていた彼にとって、今日のこの一杯は最高のものになったに違いない。

「15年目に突入!俺たちがFLOWだー!」というKEIGOの煽りにオーディエンスは両手を挙げ、約2000本の手のひらで応えた。「みんなでやってきたんだよ。全員のお祝いだから!」。MCでそう語ったKEIGOは続く曲のギターソロでは最後の1拍まで、ギリギリまで拳を突き上げオーディエンスを煽り続ける。

GOT’S作の「秘密の作戦」。会場は熱気に溢れ、GOT’Sのベースソロになった時にはベースの音をかき消すほどのオーディエンスの声が会場を埋めつくす。TAKE作による「クライムオン」では、これまでとは一転し、会場が一気に大人な雰囲気に。15年向き合い続けてきたオーディエンスはさすがで、この雰囲気の変化にもなんのその。それぞれの楽しみ方で自然に身を任せていた。IWASAKI作の「Bet or Dead」は80年代のアメリカンロックを彷彿させるその楽曲が、瞬く間に体感したことない空気へと変え、FLOWのまた新しい形のエンターテイメントロックを見た。

ライブは終盤戦。「今まで俺らが言い続けてきた言葉!みんなで叫んでくれよ!!」というKEIGOの煽りで始まった15年目最初の「GO!!!」。

FLOWの今までを作り、またこれからを作っていく楽曲。誰もが待っていた今日という日の「GO!!!」。今日一番の歓声と会場の揺れは、会場に来るまでに予想していたもの以上。「みんなとやってきた15年です。改めて、本当にありがとう」。この言葉に会場の拍手が鳴り止まない。

メンバーが誰一人欠けることなく続けてくることができ、ファンとライブをやり続けていられていることの素晴らしさを改めて感じることができた。ファンと誠実に向かいあってきたFLOWだからこそ迎えることができたこの日は、本当に温かかった。

KEIGO作の「旅の途中」は、歌詞にある「まだ僕ら旅の途中」というフレーズが今日は一段と耳にすっと入ってきて、そしてぐっと沁み渡ってきた。これからもFLOWの音楽に触れていたいと思うに十分な言葉だった。

アンコールも最高のパフォーマンスとレスポンスで終え、ファンからの温かいサプライズも大成功し、15周年初日を終えた。華々しい15周年のスタートだった。

FLOW 15th Anniversary 特設サイト
http://www.flow.mu/cam/15th/

ツアー情報
デビュー15周年突入記念 全国6大都市ツアー
FLOW 15th Anniversary TOUR 2017 「We are still Fighting Dreamers」
2017年7月8日(土)札幌cube garden
2017年7月17日(月・祝)仙台CLUB JUNK BOX
2017年7月28日(金)大阪BIGCAT
2017年7月29日(土)名古屋ダイアモンドホール
2017年8月6日(日)福岡DRUM Be-1

関連リンク

FLOW オフィシャルサイトhttp://www.flow.mu/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。