ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ブルーノのツアーOAにカミラ抜擢、ロードがAL首位デビュー、洋楽チャートはエドが首位をキープ:今週の洋楽まとめニュース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ブルーノのツアーOAにカミラ抜擢、ロードがAL首位デビュー、洋楽チャートはエドが首位をキープ:今週の洋楽まとめニュース

 今週の洋楽まとめニュースは、ブルーノ・マーズの話題から。2017年6月25日に開催の【BETアワード】で、アルバム『24K・マジック』から「パーマ」を披露し、期待を裏切らないエンターテイナーぶりを見せつけたブルーノ。今夏には今作のツアー【24K Magic World Tour】も予定しており、このツアーのオープニング・アクトに元フィフス・ハーモニーのメンバーで現在ソロとして活動しているカミラ・カベロが抜擢された。そんなカミラが脱退し4人体制となった5Hだが、グループ名を変更しなかった理由について、「ファンたちが私たちをフィフス・ハーモニーと名付けたの。今はファンたちが5人目のメンバーよ」と明かした。

ブルーノ・マーズ、【BETアワード】で「パーマ」を披露
カミラ・カベロ、ブルーノ・マーズのツアーOAに抜擢
フィフス・ハーモニー、グループ名は変更しないと語る「ファンたちが5人目のメンバー」

 続いては、先週42歳で亡くなったモブ・ディープのプロディジーについて。ア・トライブ・コールド・クエスト(ATCQ)のQティップが、自身がホストを務めるBeats 1のラジオ番組『Abstract Radio』にて故プロディジーを追悼。更に、エミネムとケンドリック・ラマーも、NYのラジオ局Hot 97の番組『Real Late』に登場し故プロディジーのヴァースを披露し追悼した。そんなケンドリックは、新AL『DAMN.』から「ELEMENT.」のMVを公開したり、今作のアルバム名が別のタイトル案があったことを明かしている。一方のエミネムは、珍しくヒゲ姿でドクター・ドレーとジミー・アイオヴィンによる米HBOドキュメンタリー・シリーズのプレミアに現れ、ドレーとケンドリックとの豪華3ショットを公開した。

ATCQのQティップ、自身のラジオ番組で故プロディジーを追悼
エミネム&ケンドリック・ラマー、故プロディジーのヴァースを披露
ケンドリック・ラマー、「ELEMENT.」のMVを公開
ケンドリック・ラマー、『DAMN.』には別のタイトル案があったことを明かす
エミネムがヒゲ姿!? ドクター・ドレー&ケンドリックとの豪華3ショットを公開

 さて、今週の米ビルボード・アルバム・チャートは、ロードの2ndアルバム『メロドラマ』が首位デビューを果たした。今作は、「ロイヤルズ」が収録されたデビュー・アルバム『ピュア・ヒロイン』から、およそ3年半振り、通算2作目のスタジオ・アルバムで、初動ユニット数109,000を記録し、アルバム・チャートでは初の首位獲得する結果となり、更にカナダ、オーストラリア、ニュージーランドでも首位に輝いている。本作からは、先行シングルの「グリーン・ライト」がソング・チャートで4年振りとなるTOP20入りを果たし、同じくカナダやオーストラリア、本国ニュージーランドでも大ヒットしている。

【米ビルボード・アルバム・チャート】ロードが初首位、2チェインズ/ヤング・サグ/フリート・フォクシーズら計6組がTOP10初登場

 そして、今週の米ビルボード・ソング・チャートは、ルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキーの「デスパシート feat. ジャスティン・ビーバー」が、7週目のNo.1獲得を果たした。先週よりもさらにポイントアップした、「デスパシート」。2位以下とのポイント差も大きく、次週8週目の首位獲得も間違いなさそうだ。その「デスパシート」には及ばず、惜しくもTOP3入りは逃したが、DJキャレドの新曲「ワイルド・ソーツ」が今週4位に初登場し、自身3曲目のTOP10入りを果たしている。この曲は、2017年6月23日にリリースされた新作『グレイトフル』からの先行シングルで、本作からは、今週2位にランクインしている「アイム・ザ・ワン」が首位獲得を果たし、全世界で大ヒット中だ。

【米ビルボード・ソング・チャート】「デスパシート」7週連続No.1、DJキャレド&リアーナ新曲4位に初登場

 替わって、今週のBillboard JAPAN洋楽チャートは、先週の洋楽チャートで首位に返り咲いたエド・シーラン「シェイプ・オブ・ユー」が再びNo.1をキープした。2位「ダーティ・ワーク」オースティン・マホーンと600ポイント以上の差をつけ、7週目の首位を手にした「シェイプ・オブ・ユー」は、引き続き動画再生回数とストリーミングの2指標で大健闘しており、ライトなファン層が聴き続けていることでロング・ヒットにつながっている。今年の年間チャート1位は「シェイプ・オブ・ユー」と通算15週No.1をマークした「ダーティ・ワーク」の一騎打ちとなりそうだ。

【ビルボード】TOP5不動の洋楽チャート、エド・シーランが7週目首位

今週のその他の注目ニュース
ジャミロクワイ、2017年9月に日本武道館公演を開催
アデル、ワールド・ツアー最終公演でツアー引退の可能性を示唆
ジェイ・Z、最新AL『4:44』からティーザー映像「Kill Jay Z」を公開
タイム誌「ネットで最も影響力のある25人」に防弾少年団/リアーナ/ケイティ・ペリー/チャンス・ザ・ラッパーらが選出
来日を控えるトレヴァー・ホーン、7/9にNHK BSプレミアムで特番放送 進行は藤井隆とヒャダイン

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。