ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

さだまさし、夭逝の天才ヴァイオリニスト 若林 暢の国内デビュー作での快挙に「私も本当にうれしく思います」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
さだまさし、夭逝の天才ヴァイオリニスト 若林 暢の国内デビュー作での快挙に「私も本当にうれしく思います」

 2016年6月に癌のため、58歳という若さでこの世を去った天才ヴァイオリニスト、若林 暢(わかばやしのぶ)。その国内デビュー作2作品が、各クラシックチャートで上位を独占した快挙を受け、生前故人と親交のあったさだまさしが祝福を送った。

 若林は『ニューヨーク・タイムズ』紙でも高い評価を受けた1987年カーネギーホールでのデビュー・リサイタルを経て、1993年にイギリスでCDデビュー。デビュー・アルバムはデイリー・テレグラフ紙で“The CD of the Week”に選ばれるなど、欧州各紙で絶賛された。

 そして、今回ソニー・ミュージックダイレクトが新たに発足したクラシック専門レーベル“G-Tone”のリリース第1弾としてアルバム『ヴァイオリン愛奏曲集』『ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集』の二作品同時リリースで国内デビュー。アルバムは、今週のビルボード・クラシックチャートで1位と3位、オリコン・クラシックチャートで2位と4位をそれぞれ獲得、国内デビューアルバム2作が、各チャートのトップ5に同時にランクインする快挙を達成した。

 6月29日、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席フルート奏者、ワルター・アウアーを迎え、東京・日本基督教団 田園調布教会で行なわれた若林の追悼チャリティー・コンサートには、若林と親交があり、今回の2作のジャケット題字も担当したさだまさしが飛び入り参加。出演者とともに生前の若林との想い出を語った。さだは今回の快挙について「暢さんの音楽が沢山の方々に受け入れられて、私も本当にうれしく思います。きっと暢さんも天国で微笑んでいらっしゃることでしょう。暢さんの音色が、さらに多くの方々に届くように、私も応援していきます。」と祝福を送った。

 海外で高い評価を受けながら、公私ともに波乱に満ちた生涯を送り、日本ではあまり知られることのないままこの世を去った若林。キャリア・スタートから30年の歳月を経て、その作品達に改めて注目が集まっている。

◎リリース情報
アルバム『ヴァイオリン愛奏曲集』
2017/06/21 RELEASE
MHCC-30005 2,700円(tax in.)

アルバム『ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集』
2017/06/21 RELEASE
MHCC-30004 2,700円(tax in.)

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード】ヴァイオリニスト若林暢の追悼アルバム『ヴァイオリン愛奏曲集』クラシックチャート1位
ボリショイ・バレエが誇るグリゴローヴィチ版「白鳥の湖」来日公演開幕
少年合唱団リベラ、1年半ぶりの来日ツアーがスタート

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。