ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

カルヴィン・ハリス、5thALで前4作とは違う新境地へ(Album Review)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
カルヴィン・ハリス、5thALで前4作とは違う新境地へ(Album Review)

 「サマー」や「ブレイム」などの大ヒット曲を輩出した前作『モーション』(2014年10月)から、およそ3年半ぶりとなるカルヴィン・ハリスの通算5作目のスタジオ・アルバム、『ファンク・ウェーヴ・バウンシズ Vol. 1』が、6月30日にリリースされた。

 本作からは、ノスタルジックな80年代風のディスコの「スライド feat. フランク・オーシャン&ミーゴス」、ザップ&ロジャーを意識したトークボックス起用の「ヒートストローク feat. ヤング・サグ、ファレル・ウィリアムス&アリアナ・グランデ」、80年代風のエレクトロ・ファンク「ローリン feat. フューチャー&カリード」、そして、ゲストで参加したファレル・プロデュースによる浮遊感漂うヒップホップ・チューン「フィールズ feat. ファレル・ウィリアムス、ケイティ・ペリー&ビッグ・ショーン」の4曲が、先行シングルとしてリリースされている。

 先行曲からもお分かりの通り、前4作とは全く違う、新境地を開いたナンバーが目白押しの本作。カルヴィンの代名詞であるEDMは封印し、80年代ディスコ~ファンクや、90年代初期のR&B、ヒップホップをリメイクしたようなナンバーが中心の内容に仕上がっている。

 「キャッシュ・アウト feat. スクールボーイ・Q、パーティネクストドア&D.R.A.M」や「プレアーズ・アップ feat. トラヴィス・スコット&A-トラック」は、まさに90年代初期のフロアをよみがえらせる、横ノリのヒップホップ・チューン。スヌープ・ドッグが参加した「ホリデイ feat. スヌープ・ドッグ、ジョン・レジェンド&テイクオフ」も、自身の代表作『ドギースタイル』(1993年)を再現したようなナンバーだ。

 ニッキー・ミナージュがキュートに歌う、ラテン調の夏らしいナンバー「スカート・オン・ミー」や、ケラーニの個性的な声質がアクセントになっているミッド・チューン「フェイキング・イット feat. ケラーニ&リル・ヨッティー」、トロント出身の女性シンガーソングライター、ジェシー・レイエズの気だるいボーカルに癒される、レゲエ調の「ハード・トゥ・ラヴ」など、女性陣が参加した楽曲のクオリティも高い。

 制作は、カルヴィン・ハリスを中心に、ゲスト・ミュージシャンとして参加したメンバーたちが、それぞれの楽曲を手掛けている。その他には、リアーナの「ニーデド・ミー」や、ドレイクの「フェイク・ラブ」などを手掛けた人気急上昇中のトラックメイカー、スターラなどが参加している。トータル37分40秒、全10曲とコンパクトにまとめたところも、聞きやすい。

 カルヴィン・ハリスは、今年8月に開催される<サマーソニック2017>に出演予定。本作からのナンバーも披露されるだろう。

関連記事リンク(外部サイト)

カルヴィン・ハリス、最新ALのトラックリストが明らかに ケイティ&ファレル参加曲のMVも公開
カルヴィン・ハリス、ファレル/ケイティ/スヌープら豪華ゲスト満載のニューALが6/30リリース
カルヴィン・ハリス/ファレル/アリアナ/ヤング・サグ、個々の魅力が際立つ異色コラボ(Song Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。