ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

乃木坂46齋藤飛鳥、実は「曇り女」だった?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

乃木坂46齋藤飛鳥、実は「曇り女」だった?
J-WAVEで放送中の番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY’S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が英語初心者である乃木坂46の齋藤飛鳥に英語を教えるコーナーです。

7月1日(土)のオンエアは、乃木坂46「真夏の全国ツアー2017」の話から。オンエア当日に予定されている神宮球場での公演について「神宮は何年か連続でやらせていただいているので、また頑張らないとなって思っています」と、齋藤は意気込みを語ります。今回は新しい試みとして、1〜3期生別のライブも行われるそうで、齋藤も「1期生は何回かあるんですけど、2期生だけのライブというのは無いし、3期生も最近入ってきたばかりだし、こんな大きな会場でライブをするのは緊張するだろうし、楽しみです!」と期待を寄せていました。

ただ、気がかりなのは天気ということで、台風の直撃にあってしまった昨年の神宮球場公演を思い出し、齋藤はとても心配している様子。

ちなみに齋藤は「『曇り女』とよく言われる」とのこと。「晴れもしないし、まあ別に雨は降らない」(齋藤)という周りの評判に、「でも、曇りがなんだかんだちょうど良くて、カンカン照りだとみんなバテちゃうし、雨だと疲れちゃうし…」と齋藤はまんざらでもなさそうです(笑)。「一番安定している、均衡を保たせてているのは飛鳥ちゃんだと」と話すハリーに「頑張ります!」と自信ありげに答える齋藤でした。

さて、リスナーからのメールを紹介!

■「ずっと会いたかったです!」「会えてうれしいです!」を英語で言うと?
「いつか会いたかった人に会えたときに使える英語のフレーズを教えてほしい」というリスナーからの質問。これに対してハリーが紹介した英語のフレーズはこちらです。

「I’ve always wanted to meet you.」(ずっと会いたかったです)

このフレーズは、芸能人や有名人などに会ったときの鉄板の挨拶とのこと。さらに、このフレーズに「You make my dreams come true!」(夢が叶いました!)と続けることで、会えたことへのうれしさを表現する究極のフレーズになるそうです。 ただし、一般の人に「ずっと会いたかったです」というのは変ですし、ちょっと怖いので普通の生活のなかでは使わないでください(笑)。

続いて、今回学んだフレーズを使って発音の練習を行いました。回を重ねるごとに英語の発音が良くなっていく齋藤に「なんか…発音が滑らかになってますね」と驚くハリー。齋藤も成長を実感しているようで、MONDO GROSSOの最新アルバム「何度でも新しく生まれる」に収録されているソロ曲「惑星タントラ」についても、ファンの方だけではなく、スタッフからも「英語の発音いいね!」と褒められたとか。「間違いなくこの番組のおかげですね!」と力強く話す齋藤に、ハリーはとても喜んでいました。

■野菜の名前で英単語を学ぼう!
身近なものから英単語を学ぼうというこのコーナー。今回のテーマは「野菜」でした。「ずっと食べず嫌いで、野菜を食べられなかった」という齋藤ですが、最近は大好物になり、特に好きな野菜は「アスパラガス」だそうです。

そんな、齋藤が今回学んだ英単語はこちらです。

・たまねぎ(onion)
・きゅうり(cucumber)
・なす(eggplant)
・ほうれんそう(spinach)
・ピーマン(green pepper)
・大根(white radish)

このなかで特に注意が必要なのが「ピーマン」。そのまま英語として使えそうですが、実はピーマンはそのまま英語で発音すると「小便小僧」という意味になってしまいます。ハリーのお母さんもこれを知らずにイギリスの八百屋で「Can I have some “ピーマン”?」(小便小僧をください)と尋ねて大笑いされたとか。これには齋藤も「えー知らなかった! 危ない!」とびっくりしていました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP OF THE WORLD」
放送日時:毎週土曜 6時−8時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。