体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現行プジョー 308のクリーンディーゼル系を今買うなら超お買い得な「元デモカー」に限る?

▲素晴らしい走りと経済性で高い評価を得ている、現行プジョー 308のディーゼルターボ版である「308 BlueHDi」。新車も輸入車としてはそれなりにお手頃なんですが、中古車の方もかなりお手頃になってること、ご存じでした?

▲素晴らしい走りと経済性で高い評価を得ている、現行プジョー 308のディーゼルターボ版である「308 BlueHDi」。新車も輸入車としてはそれなりにお手頃なんですが、中古車の方もかなりお手頃になってること、ご存じでした?

素晴らしい車だが、もうひと声安いとさらに素晴らしい

自動車ジャーナリストやディープなカーマニアなどの間でこのところ高い評価を受けているのが、フランスのプジョーが昨年7月に発売した現行プジョー 308のクリーンディーゼル仕様です。

濃い口な彼ら彼女らいわく「308のディーゼルはとにかく素晴らしい」と。

何がどう素晴らしいかといえば、低回転域がとってもトルクフルなため出足が良く、往年のフランス車っぽい「猫足」であるため乗り心地ならびにコーナリング性能が良く、そしてディーゼルターボゆえ当然ながら燃費もなかなか良い(カタログ燃費20.1~21.0km/L)と、要するに「いいことずくめ」なわけです。

「そんな素晴らしい車であるなら、ひとつ買ってみようじゃないか」と思うのが人情というものですが、残念ながらプジョー 308のクリーンディーゼル版はそう安い車でもありません。

もちろん、その種の輸入車としては比較的手頃な値付けでして、具体的には1.6Lディーゼルターボである「308 アリュールBlueHDi」の新車価格が299万円で、2Lディーゼルターボの「308 GT BlueHDi」は354万円ではあります。

しかし世の中は、その金額を聞いて「うん、安いね!」と明るい笑顔で即答できる人ばかりではありません。そして筆者も「即答できない人」の部類に入りますので、「もうひと声かふた声安いとありがたいのだが……」とここ1年ほど、ずっと思っていました。

▲プジョー 308 BlueHDiは、14年11月に登場したプジョーのCセグメント・ハッチバックである「308」に、16年7月に追加されたディーゼルターボエンジン搭載バージョン

▲プジョー 308 BlueHDiは、14年11月に登場したプジョーのCセグメント・ハッチバックである「308」に、16年7月に追加されたディーゼルターボエンジン搭載バージョン

▲グレードは2Lディーゼルターボを搭載する「308 GT BlueHDi」と1.6Lディーゼルターボの「308 アリュールBlueHDi」。どちらも、センターコンソール上の「スポーツボタン」を押すとアクセルの応答性などがより敏感な方向へ変化すると同時に、なんと「V8サウンド」が車内に響き渡ります

▲グレードは2Lディーゼルターボを搭載する「308 GT BlueHDi」と1.6Lディーゼルターボの「308 アリュールBlueHDi」。どちらも、センターコンソール上の「スポーツボタン」を押すとアクセルの応答性などがより敏感な方向へ変化すると同時に、なんと「V8サウンド」が車内に響き渡ります

今、市場には新車より大幅に安い「元試乗車」が多数!

しかしここへきてついに、現行プジョー 308のクリーンディーゼル系は「もうひと声かふた声」安くなってまいりました。

といっても、当然ながら新車価格の大幅な引き下げが行われたわけではありません。そうではなく、「デモカー落ちの個体が中古車市場に大挙流れてきた」ということです。それらが今、かなりお安いわけです。

すべてのニューモデルではありませんが、メーカーやインポーター(輸入元)がそれなりに力を入れている新型車が発売されると、各地のディーラーには「試乗車」が配備され、メディア向けには「広報車」が用意されます。その他、メーカーやインポーターの「社用車」として、そういった新型車が使われることもあります。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。