体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

俳優・小南光司さんインタビュー「たくさんのバイト経験が今に役立っていること」

俳優・小南光司さんインタビュー「たくさんのバイト経験が今に役立っていること」 フロムエーしよ!! 俳優・小南光司さんインタビュー 「たくさんのバイト経験が今に役立っていること」 フロムエーしよ!! 俳優・小南光司さんインタビュー 「たくさんのバイト経験が今に役立っていること」

モデル・俳優として活躍の幅を広げている小南光司さん。本格的に芸能活動を始める前にはたくさんのバイト経験があったのだとか。「多くのバイト経験が今の仕事に活きている」という小南さんにバイト時代のお話を伺いました。

 

お金や仕事内容だけではなく、一緒に働く人が大事だと実感

フロムエーしよ!! 俳優・小南光司さんインタビュー 「たくさんのバイト経験が今に役立っていること」――最初にバイトを始めたのはいつぐらいのころでしょうか。

高校では特待生として野球をしていたのですが、けがをして現役を続けることができなくなってしまったんです。そこで、それまで特待生で免除されていた学費を払うことになったのがきっかけで高2のときからバイトを始めました。自宅近くにあるコンビニで2年ほど働いていましたね。

――バイト先にコンビニを選んだ理由はなんでしたか。

自宅から近くて通いやすかったことと、もちろん比較的時給が高かった部分もあります。あとは、初めてのバイトはコンビニでやっておけば間違いないのかな、というイメージがあったので。その後はコンサートなどの会場を設営する派遣バイトをいくつかやりました。ほかにも、家具店の工場、焼肉屋さん、つけうどん屋さん……本当にいろいろやってきましたね。映画や音楽も好きだったので、CDレンタルショップで働いたこともありました。

どこで働いても、周囲の人にはいつも恵まれていたなと思います。アルバイトってお金や仕事内容だけではなくて、一緒に働く人が大事だったりするじゃないですか。学業や本格的にモデルの活動を始めた関係などもあって、バイトを辞めなければいけないことも多かったですが、働きやすい環境が多かったです。

 

タイプが違う人とも出会えるのがバイトの魅力

フロムエーしよ!! 俳優・小南光司さんインタビュー 「たくさんのバイト経験が今に役立っていること」――バイト先によって働いている人の年齢やタイプも違うので、雰囲気もまた変わりますよね。

最初に働いていたコンビニでは同年代が集まっていたので、バイト仲間というよりも友達でしたね。「あの子とこの子が良い感じらしい」みたいな恋愛話でも盛り上がりましたし、みんなでご飯に行くくらい仲良くなって楽しかったです。

反対にCDレンタルショップで働いていたときは、文化系でおとなしい人も多く、自分とタイプが少し違ったかもしれません。ただ、僕自身もアニメが好きなので、話も盛り上がりました。バイト先の先輩の影響で好きになったバンドもありますね。

年が近くて似ている人と話すのも楽しいですが、全然タイプが違う人と接するのもまた新しい発見があって好きです。バイトしていなかったら出会わないような人もいると思います。いろいろな人に出会えるのがバイトのいいところでもありますよね。

 

バイト経験は今の仕事に活きている部分も大きい

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。