体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

EclipseでAndroidアプリのエミュレータを使う方法【初心者向け】

Androidアプリをこれから開発したい!という初心者向けの記事です。

Androidアプリの開発環境のEclipseでエミュレータを使えば、PC上でAndroidアプリを実行することができます。また、画面の大きさやSDカードの容量などを自分で設定できるため、手軽にさまざまな環境のテストも可能です。

 

20160620

 

田島メンター!!Androidのエミュレータってどうやって使うんですか〜?

 

20163020-2

 

今開発しているのってEclipseでだよね。それだったらEclipseからエミュレータを使えるよ。

 

20160620

 

どうやるんですか〜?

 

 

開発環境構築の流れ

EclipseでAndroidアプリのエミュレータを使う方法は、以下のような手順になります。
仮想デバイスの作成
エミュレータの起動
アプリをエミュレーターで起動する

それでは順番に見ていきましょう。

 

 

仮想デバイスの作成

初めてエミュレータを起動する場合や、新しい環境のエミュレータを使いたい場合に必要な作業です。すでに仮想デバイスの作成ができている場合は、次の手順に進んでください。

 

メニューバーから、[ウィンドウ]-[AVDマネージャー]を選択し、[Android 仮想デバイス・マネージャー]を起動しましょう。

[Device Definitions]タブを選択すると、デフォルトで設定されたデバイスが表示されます。

emu001

 

この中にすでに起動したい環境に近いものを選択し[クローン]ボタンをクリックします。

emu002

 

先ほど選択したデバイスの設定が表示されます。もしも、自分が使用したい環境と異なる場合は、ここで設定をカスタマイズすることができます。設定ができたら、[Clone Device]ボタンをクリックし、前の画面に戻ります。

emu003
1 2次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。