体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Androidアプリ開発でSlidingDrawerを追加する方法【初心者向け】

Androidアプリ開発では、アプリのパーツを簡単に追加できるGUIコンポーネントが数多く用意されています。

今回はその中の1つである、SlidingDrawer(スライドドロワー)を追加する方法と基本的な使い方をご紹介します。

 

本記事はTechAcademyのAndroidアプリ開発オンラインブートキャンプの内容をもとに解説しています。

 

20160620

 

田島メンター!!SlidingDrawerっていうGUIコンポーネントがあるんですけど、これってなんですか〜?

 

20163020-2

 

SlidingDrawerっていうのは、画面上のハンドルで新しい画面をスライドして呼び出すことのできるGUIコンポーネントなんだ。

 

 

SlidingDrawerとは

SlidingDrawerは、ハンドルを引き出して新しい画面を表示させるためのウィジェットです。

Android端末のホーム画面でも、上から下にスライドして通知画面を表示させるというように使われています。

 

 

SlidingDrawerを配置する

SlidingDrawerはレイアウトエディタのパレットの「コンポジット」から配置できます。

パレット内のSlidingDrawerを、配置したい場所までドラッグしましょう。

001

 

この状態でxmlタブを見ると、「

TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。