体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【京都駅で買える】夏のおすすめ土産5選!涼しげで帰省土産にも!

涼の晴風

人気の観光地、京都。和の心を大切にする京都には、季節を意識した和菓子がたくさん!

その中でも今回は、京都駅で買える、夏にぴったりの涼しげな和菓子を5つ紹介します。

見ているだけで涼しくなれちゃうかも!?

記事配信:じゃらんニュース

大極殿本舗/レースかん

寒天の中できらきら光るレモンが涼しげ!

レースかん

レースかん 1本 1,296円(税込)

レモン味の透き通った羊羹に、輪切りにしたレモンを浮かべた「レースかん」。

商品名は、キレイに並んだレモンがまるで“レース編み”の模様のように見えることから名付けられたとか。

京都の台所とも言われる「錦市場」で仕入れた選りすぐりのレモンを輪切りにして並べ、その上に煮詰めた飴を流し込んで仕上げた、熟練の職人技が光る一品。レモンがまだ希少だった昭和初期から販売されているという歴史ある和菓子です。レースかん

涼しげな見た目は夏にぴったり

見た目の繊細さに反してしっかりとした硬めの口当たりで、レモンの風味が口いっぱいに広がります。どこか懐かしい味でさっぱりとした後味は、暑い夏にぴったり!

京都以外の店頭ではほぼ手に入らないので“その土地ならではの貴重なお土産”として喜んでもらえそう!若あゆ

若あゆ 単品 216円(税込)、すだれ箱入 10個入り 2,892円(税込)

また、「若あゆ」もこの時期の人気商品。

初夏の鴨川清流を泳ぐ鮎をモチーフにしたお菓子で、こちらも職人さん手作り。

やわらかい求肥のお餅を、たまごがたっぷりはいった薄焼きのカステラ生地で包んだ上品な和菓子です。

ちなみに、「レースかん」を販売している「京都観光デパートキューブ」は、朝8時半からオープンしているので、京都駅に早く着いた時には、観光する前にお土産を探してみるのもいいかも!大極殿本舗

レトロな佇まいの本店は四条エリアにあります 京都駅観光デパートキューブ店内、大極殿本舗

商品名/レースかん

販売期間/5月中旬から9月上旬頃

TEL/075-365-8602

住所/京都市下京区烏丸通塩小路下ル 東塩小路町901京都駅ビル1F

営業時間/8:30~20:00(季節により時間変更あり)

定休日/無休

アクセス/JR京都駅中央改札口を出て左側

「大極殿本舗」の詳細はこちら

七條甘春堂/金魚

涼やかな金魚の姿を閉じ込めた琥珀羹

金魚

金魚 1棹(約240g) 1,080円(税込)

優雅に泳ぐ金魚の姿が美しい羊羹。

水面を表す透明な部分は琥珀羹、下の緑の部分は煉羊羹でできています。

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。