体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今、ニューヨークでモロゾフのプリンに勝てるプリンはないと思う

生活・趣味

世界のグルメが集まると言われるニューヨーク。

しかしながら、ニューヨーク生活が長くなると、実際に美味しいものは限られていることに気づきます。また店の味を守る努力が足りないのか、有名店のベーグル、チーズケーキ、ドーナッツ、ピッツアのNYグルメは「過去には美味しかったもの」に変化しています。

そんな時、メイドインジャパンの頂き物をすると、味のレベルの高さに愕然とします。日本にいた時は、あまりにもフツーすぎてありがたいとも思わなかった(失礼)、文明堂のカステラや三笠山、ヨックモックのクッキーやロイズのチョコレート。「こ、こんなに美味しかったんだっけ??」と、驚愕するのです。

実際にNYでは、ヨックモックのクッキーやロイズのチョコレートは高級菓子として販売されています。しかもヨックモックは、超高級デパートBergdorf Goodman(バーグドーフ)で。いつもいて当たり前と思っていた幼馴染の山田君が、知らぬ間に海外でアイドルデビューしていたような衝撃なのです。

今、ニューヨークでモロゾフのプリンに勝てるプリンはないと思う
(C)PR Times

さて、海外移住の身となれば、忘れられない日本の味があります。

ふるんとした、なめらかな口あたり。ふわりと広がる優しいミルクと卵の味。くどくない、優しい甘さ。ほろ苦いカラメル味がバランスを引き締めて。時々、無性に食べたくなるスタンダードなプリン。

モロゾフのプリンの素晴らしさに、改めて気づくのです。それは、ニューヨークで食べるプリンが、モロゾフのそれとはかけ離れたものだからなのです。

ニューヨークで食べるプリンとは

プリンって欧米から来たものだから、ニューヨークのプリンって美味しいのじゃない? と思うあなたに、ニューヨーク・プリンについて語ってみましょう。

オーバーに甘すぎる

今、ニューヨークでモロゾフのプリンに勝てるプリンはないと思う
ブラジルやコロンビアなどラテン系ベーカリーで売られている、”Flan(フラン)”が、日本のプリンに一番近いものと思われます。ラテン系の大好きな練乳がたっぷり入っているため、かな〜り甘いです。暑さを吹き飛ばすエネルギーは蓄えられそうですが、優しい甘さを求めるには不向きです。

スが入っているのはいかがなものか

今、ニューヨークでモロゾフのプリンに勝てるプリンはないと思う
ニューヨークに来て思ったのですが、日本人以外、「スの有無」って気にしないのかもしれません。”Flan(フラン)”など、たっぷりと「ス」が入っていて、日本のプリンマニアを号泣させるほどです。

固い!

今、ニューヨークでモロゾフのプリンに勝てるプリンはないと思う
高温で焼きすぎているのか、スが入っている上、固め・・プリンの楽しみである、あのフルフル感が味わえません(涙)。味的にはクリームブリュレが近いかと思いますが、あれはクリーム状だし。そういえば日本のプリンのフルフル感って、和食の茶碗蒸しに通じていますね。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会