ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【ЯeaL】 『ЯeaLワンマンツアー2017 “1st Album「19.」Release Tour”』 2017年6月25日 at TSUTAYA O-WEST

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 初のフルアルバム『19.』リリース後に始まった初のワンマンツアーはメンバーにとって10代最後のツアーとなるだけに、いつも以上に気合いが入っていたことだろう。さらに、Yurika(Gu&Cho)がツアーファイナルをもって脱退ということもあり、その最終日はたくさんの人であふれ返った。オープニングの「ゆらりゆらりゆら」をはじめ、ポップで覚えやすい楽曲がЯeaLの持ち味でもあるのだが、中盤で披露した「カタリナ」は重厚な雰囲気をかもし出し大人っぽい一面をのぞかせる。また、「エゴサーチ症候群」ではRyoko(Vo&Gu)の“いくぞっ!”という元気の良いひと言につられ、観客も笑みを浮かべ、高く拳を突き上げ、場内の熱量も際限なく高まっていく。
 (okmusic UP's)

 終始、ニコニコ顔で進んでいったライヴ。だが、別れの時は嫌でも近付いてくる。“今日ほど、“最後です”って言いたくない時はありません”とメンバーであり、友達でもあるYurikaへの想いを語るRyoko。そして、その姿を熱い眼差しで見守るAika(Dr&Cho)とFumiha(Ba&Cho)。“YurikaのいないЯeaLにピリオドを打とうとも考えた。無理やなって思って前を向いた時、みんながいた。曲を届けてくれて、ライヴをやってくれて、ありがとうって。だから、この場所を守っていかないとって思いました。このツアーで大人になれたからこそ、等身大で伝えられる曲です”…彼女たちの出した答えはЯeaLの存続。だからこそ、本編最後に用意された《先は見えない それでも行くよ》と歌う「スタートライン」には、これからも頑張っていこうする彼女たちの決意に満ちていた。
撮影:MASANORI FUJIKAWA/取材:水谷エリ
セットリスト
1. ゆらりゆらりゆら 
2. Shooting Star 
3. 秒速エモーション 
4. セナカアワセ 
5. Outsider 
6. ナンセンス 
7. それを恋と呼ぶのなら 
8. カタリナ  
9. チョコレートコスモス 
10. 仮面ミーハー女子 
11. H.O.L 
12. エゴサーチ症候群 
13. カゲロウ 
14. スタートライン 
<ENCORE>
1. HOME
2. Jumping More
ЯeaL
リアル:大阪発のガールズバンド。バンド名の“Я”は“やー”or“ろしあもじ”or“ろしあ”で変換できる。作詞作曲を手掛けるRyokoのポップメイカーとしてのポテンシャルの高さと、圧倒的なライヴパフォーマンスが話題となり、関西を中心に人気急上昇中! 2016年3月にシングル「秒速エモーション」でメジャーデビュー。17年3月にリリースした3rdシングル「カゲロウ」が人気テレビアニメ『銀魂.』新シリーズのオープニングテーマとして注目を集める中、同年5月に待望の1stアルバム『19.』をリリース!
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。