体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【背が小さい人向け】サイズの大きい浴衣の着付け・きれいなおはしょりの作り方とは?

毎週、月曜日のお昼12時半〜趣-omomuki-のFacebookページ・Instagramアカウントにて配信をしております#趣ライブ。

第3回目はサイズの合わない浴衣をきれいに着る方法をご紹介させていただきました。

 

 
浴衣が気になる季節になってきましたね。いろいろなデザインのものがあって選ぶのが楽しいですが、小柄な方にとっては、できあがりの着物や浴衣のサイズが大きくて悩まれることがあるのではないでしょうか?

「でもやっぱりこれ着たい!」

そんな想いの方の参考になればと思い、大きめのサイズの浴衣をおはしょりを調整して着れる方法をご紹介します!

 

自分に合った浴衣のサイズとは?

できあがりの浴衣は、身丈165cm前後で作られていることが多いです。
一方、楽に着られる浴衣のサイズは「身丈=身長±3cm」です。

 

 

※身幅が広い場合

下前を体に巻きつけてしまうと、足さばきがわるくなってしまいます。
左の腰骨のところで表に折り返して着ると解決しますよ。

 

※身丈がちょっとだけ長い場合

腰ひもをいつもより高めに締めるだけでも解決します。

 

身丈がとても(5cm以上)長いと感じる場合

1.まず腰ひもを普通に締めます。腰ひもの下のシワをきれいに取っておきます。

2.下前を折りあげておはしょり部分を1枚にします。

3.次に胸ひもを締めます。衿元から下に向かって滑らせるようにしてから結びましょう。

4.帯を当ててみて、おはしょりをどのくらいの位置にしたいのかチェックしておきます。

スクリーンショット 2017-07-01 13.44.30

※きれいに見えるおはしょりの長さは人差し指1本分くらいと言われています。

5.右手をおはしょりに差し込み、胸ひもで折りあげるようにして、良い位置まで引き上げます。

スクリーンショット 2017-07-01 13.47.16 スクリーンショット 2017-07-01 13.48.15

後も同じようにまっすぐに持ち上げます。

スクリーンショット 2017-07-01 13.49.33

右脇に余っている部分は前の方にきゅっと寄せて中に入れてしまいます。

スクリーンショット 2017-07-01 13.27.56

6.ひもをもう一本取って、5で引き上げた部分の真ん中あたりに軽く結びます。

1 2次のページ
趣通信の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。