体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「もう一度“あの場所”で遊びたいと思った」――『僕が殺した人と僕を殺した人』東山彰良さんインタビュー(前編)

「もう一度“あの場所”で遊びたいと思った」――『僕が殺した人と僕を殺した人』東山彰良さんインタビュー(前編)

出版業界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』。

第90回目となる今回は、新作『僕が殺した人と僕を殺した人』(文藝春秋刊)が好評の作家・東山彰良さんです。

『僕が殺した人と僕を殺した人』(文藝春秋刊)は1984年の台湾と2015年のアメリカを舞台に、4人の少年たちの運命を描いたミステリーです。

2015年、アメリカで起きた連続殺人事件の犯人“サックマン”が逮捕された。そして、彼の弁護することになった敏腕弁護士は“サックマン”の正体を知っていた。その記憶は1984年夏の台湾にさかのぼる――。

嫉妬と友情、絶望と希望、そしてマイノリティの問題まで。直木賞を受賞した傑作『流』とのつながりも感じさせる本作は、かの名作『スタンド・バイ・ミー』を彷彿とさせるという声もあがる青春小説としても高い評価を得ています。

そんな『僕が殺した人と僕を殺した人』について、著者の東山彰良さんにお話を伺いました。

(インタビュー・写真/金井元貴)

『ベストセラーズインタビュー』アーカイブはこちらから

■『流』とのつながりを持った最新作『僕が殺した人と僕を殺した人』

――本作は1984年の台湾と、2015年のアメリカという2つのパートが交互に進行しながら、その2つの物語と人物のつながりが明らかになっていくという構成になっています。最初はどちらのパートから書かれたのですか?

東山:アメリカパートから書き始めて、次に台湾パートという形ですね。登場人物はまず核となるユンを作り、その次にジェイという人物を作りました。

――台湾パートでは兄を亡くしたばかりの優等生のユン(小雲)、不良だけど正義感の強いジェイ、そして牛肉麺屋の息子・アガン(阿剛)という13歳トリオと、アガンの弟であるダーダー(達達)が主人公格です。この4人を描く上でこだわりはありましたか?

東山:台湾パートは彼らが少年ということもあって、台湾の雰囲気をまとわせた魅力的な子どもたちにしたいと思っていました。それで、僕にとって魅力のある子どもっていうのはケンカが強かったり口が達者だったりするので(笑)その中でも、アガンを一番口が達者な子に描きましたね。

――口が達者な子どもたちを描きたかったのですか。

東山:僕が台湾にいた頃、周囲にいた大人たちはみんな口が達者だった気がするんです。僕自身が大人たちに物語をせびるような子で、彼らはそれに応えてあることないことを面白おかしく話してくれるわけですね。

自分もそういう大人になりたいと思っていたけれど、残念ながら口が達者ではありません。だから憧れなんですよね。

作家は一つの文章をねちねちと考えてから言葉に落とすという仕事なので、即興的にポンポン面白いことが言える人には羨望の眼差しを注いでいます(笑)。

――13歳トリオのユン、ジェイ、アガンはそれぞれ個性豊かですが、ご自身が一番近いと思う人物は誰ですか?

東山:3人の中だとユンでしょうね。台湾時代のユンはジェイに対して憧れを抱いていますが、それはジェイの不良少年らしさに対する憧れだと思うんです。僕自身も不良少年に対する憧れを持っているので(笑)、ユンと重なるんでしょうね。

――台湾パートは1984年が舞台です。この「1984年の台湾」に対して東山さんはどんなイメージを持たれていますか?

東山:そのころの僕はちょうど高校1年生で、日本に住んでいました。当時は夏休みになると台湾に帰っていたので、台湾というと夏の印象が強いんです。

**――夏の台湾ではどのように遊んでいたのですか?

東山:(笑)思春期でしたからね。この作品にも出てくるんですけど、当時違法営業の地下ディスコみたいなものがたくさんあって、年上の従姉たちに連れていってもらったことがあります。あれは大人になれた感覚がありましたね。

――それは刺激的な体験ですね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。