体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現役感たっぷりの低走行物件もついに100万円台前半。「中古の現行ルーテシア」は今が旬!

▲「いい車なんだけど、中古車としては価格帯がちょい微妙かも……」と思われていた現行ルノー ルーテシアの相場が、やっと「中古車ならではのお買い得感」が感じられる水準になってきました!

▲「いい車なんだけど、中古車としては価格帯がちょい微妙かも……」と思われていた現行ルノー ルーテシアの相場が、やっと「中古車ならではのお買い得感」が感じられる水準になってきました!

中古車相場は高くてもダメだが、逆に安すぎてもいけない?

中古車の「買い時」を的確に捉えるのは意外と難しい。特に、そもそもの新車価格がベラボーに高額なわけでもない輸入コンパクトカーの場合は、とりわけ難しい。

ニューモデルとして登場してからしばらく経てば、その車種の中古車相場はそれなりに下がる。しかし新車価格がさほど高くはないだけに、「このぐらいの差額なら、いっそ新車を買った方が……」とどうしても思ってしまい、なんとなく最初の買い時を逃す。

「新車にするか、それとももっと下がるのを待つか?」という“迷い”が生じるのだ。

で、迷っているうちに歳月は経過し、その車種の相場はどんどん下がっていく。

その途中でたまたま「ちょうどいいタイミング」を捉えられれば良いのだが、人間というのはたいていボーッとしているので(というか中古車相場のことばかり考えて生きているわけではないので)、ボーッとしているうちに、今度は安くなりすぎてしまう。

安くなりすぎた中古車というのは、要するに「旬を過ぎた中古車」ということだ。それはつまり機械として見たときにボロすぎたり、ファッションアイテムとして見た場合にイマイチ感が強すぎたりする。で、「さすがにこの車種を買うのはやめておこうかな……」と思ってしまう。

なかなか難しいのである。

▲写真は06年3月から13年8月まで販売された旧型のルノー ルーテシア。なかなかいい車であり、中古車相場もかなりこなれているが、「旬な車か?」と問われれば甚だ微妙かも……

▲写真は06年3月から13年8月まで販売された旧型のルノー ルーテシア。なかなかいい車であり、中古車相場もかなりこなれているが、「旬な車か?」と問われれば甚だ微妙かも……

手頃な水準への下落が長らく期待されていた現行ルーテシア

しかし現行ルノー ルーテシアが今、そんな「中古車としてちょうどいいタイミング」を迎えている。

欧州コンパクトカー好きの紳士淑女には今さら詳しい説明は不要だろうが、現行ルーテシアは13年9月に登場したルノー製コンパクトカーの最新世代。一部のグレードを除けば1.2Lの新世代3気筒ターボエンジンを主力とし、新開発の6速DCTでもってそれを制御する。ボディの造形は、スーパーカーも真っ青な(?)有機的ダイナミズムに満ちた素晴らしいものである。

つまり、ステキな欧州コンパクトカーだ。

▲ルノーの新しいデザイン戦略「サイクル・オブ・ライフ」を採用した初めての市販モデル、現行ルノー ルーテシア。基本となるパワートレインは最高出力120psの1.2L直3ターボ+6速DCTだが、その他0.9L3気筒ターボ+5MTの「ゼン(0.9L)」や、強力な1.6Lターボを搭載する「ルノー・スポール」なども流通している

▲ルノーの新しいデザイン戦略「サイクル・オブ・ライフ」を採用した初めての市販モデル、現行ルノー ルーテシア。基本となるパワートレインは最高出力120psの1.2L直3ターボ+6速DCTだが、その他0.9L3気筒ターボ+5MTの「ゼン(0.9L)」や、強力な1.6Lターボを搭載する「ルノー・スポール」なども流通している

代表的なグレードである「インテンス」の新車価格は229万~245万円で(※時期によって微妙に異なります)、その中古車は比較的早い段階から「200万円に近い100万円台後半」ぐらいで販売されていた。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。