体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界遺産に登録されている海外のお城20選

世界遺産に登録されている海外のお城20選

皆さんは、お城に興味がありますか?一言でお城といっても、いろいろな外観、建築様式を見て取ることができます。世界中には数え切れないほどのお城が存在し、いまだに立派な外観をとどめているものや、残念ながら廃れてしまったものもあります。

中でも、今回は世界遺産に登録までされた歴史に名を残すお城たちをご紹介します。

*編集部追記
2016年1月に公開された記事に新たに12ヶ所を追加しました。

 

1.カステル・デル・モンテ ~キリスト教とイスラム教の融合~

所在地:イタリア。1246年にイスラム教に理解を示していたフェデリーコ一世によって建造された。特徴ある八角形の城で、1ユーロセント硬貨の裏面にも描かれています。1996年に世界遺産に登録されました。

 

2.クロムニェジーシュ宮殿 ~煌びやかな芸術への追求~

所在地:チェコ。1497年にオロモウツ司教のスタニスラス・トゥルツォによって建造された。建造当初はゴシック様式+ルネサンス様式でしたが、度重なる改装や大火により変貌を遂げています。

現在は絵画などの芸術品の収蔵や3万冊を越える書物を抱える図書館に使用されている。1998年に世界遺産に登録されました。

 

3.ブダ城 ~支配者に翻弄されて~

shutterstock_190756568

photo by shutterstuck

所在地:ハンガリー。1241年に木造から石造で再建造された。支配者が度々変わるごとに改造が加えられ、戦いの度に破壊され、修復を重ね続けています。

現在は、国立美術館や歴史博物館などとして利用されている。1987年に世界遺産に登録されています。

 

4.スピシュスキー城 ~改装の末、誰もいなくなった~

所在地:スロバキア。12世紀ごろにロマネスク建築の石城のつくりで建造された。のちに所有者により度重なる改装が行われてきましたが、住居としては住みづらいため無人の城となりました。

現在は復元作業が行われ、映画のロケ地などに使用されている。1993年に世界遺産に登録されています。

 

5.サン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城 ~鉄壁の城壁で海賊に立ち向かえ~

所在地:キューバ。1637年以降100年以上を要して建造された。海賊の襲撃に立ち向かうために建造されたが、実際には海賊の襲撃にあい、多大な被害を受けています。

そのため改良や修復を幾度となく繰り返している。1997年に世界遺産に登録されています。

 

6.アルカサル~牢獄として使われていた~

9778051645_8a617495e3_b

photo by Fernando García

所在地:スペイン。16世紀から18世紀にかけて建てられた後期ゴシック様式の大聖堂。ディズニーの白雪姫のモデルともいわれるアルカサル城。実は2世紀もの間牢獄として使われていました。

新たにマドリッド宮殿が築かれると、王族も生活の拠点をマドリッドに移してしまったためと言われています。

 

7.マルボルク城~ヨーロッパ最大のお城~

8057622219_5d7f47e68d_b

photo by Arian Zwegers

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。