体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シネマティック・アドベンチャーノベル『fault – SILENCE THE PEDANT』体験版公開 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

ALICE IN DISSONANCE、シネマティック・アドベンチャーノベル『fault – SILENCE THE PEDANT』体験版公開
faultstp-1 faultstp-2 faultstp-3 faultstp-4

同人ゲームサークルALICE IN DISSONANCEは、シネマティック・アドベンチャーノベル『fault – SILENCE THE PEDANT』の体験版をSteamにて配信開始した。

『fault – SILENCE THE PEDANT』は、マナクラフトと呼ばれる技術のある世界を舞台とし、とある事件で国を離れた姫セルフィーネと、そのガーディアンであるリトナの帰郷の旅を描く連作ノベルゲームの第3作。第1作の5年前、ガーディアンとなる前のリトナを主人公とした前日譚であり、前2作をプレイしていなくても楽しめるという。

場所を選んでの移動、一部シーンでのポイント・アンド・クリックやアイテム等によるゲーム進行といった、アドベンチャーゲーム的な要素が加わっているのもこれまでのシリーズ作品にはない特徴となる。精細に描き込まれフルHD環境でも綺麗に表示されるグラフィック、レイヤー分けされた背景やイベントスチルのパララックス(視差効果)による奥行きの演出や立体的なカメラワーク、UIデザインなども見どころだ。

海底を目指すアクションゲーム『in:dark – インダーク』スマホ向けにリリース
indark

個人ゲーム開発者のおづみかん氏は6月28日、アクションゲーム『in:dark – インダーク』をリリースした。Android版とiOS版が提供されている。

身体とむきだしの魂が一本の鎖で繋ぎ留められた主人公が、タップによる炎攻撃やフリックによるダッシュタックル、魂が敵に噛みつく「ソウルたべ」を駆使しながら海底を目指していく作品。敵を倒して「カルマ」を集めることで主人公が強化されるとともに混濁した記憶が復元されていき、ストーリーが浮かび上がっていく。

RayarkのSFアクション『IMPLOSION』Nintendo Switch版の配信日決定、ティザームービー公開
implosion-1 implosion-2 implosion-3

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。