体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レトロ風ドット絵タワーディフェンス『ダンジョン守り:勇者の侵攻』 見た目はお手軽、中身は超骨太

image6
 
今回紹介するのは、『ダンジョン守り:勇者の侵攻』。どこか懐かしいレトロなグラフィックが目を引くタワーディフェンスゲームである。

個人開発者である「GameCoaster」氏の2作目である本作は、お手軽そうに見えて、中身は非常に骨太だ。武器の改造やツリー形式の研究開発、転生システムなど、やり込み要素が満載でとにかく飽きさせない。

ここからはゲームの流れに沿って、本作の見た目からは想像できない意外な奥深さについて紹介していこう。
 
image7

勇者たちの魔の手からダンジョンを守れ

世界に残された唯一のダンジョンを攻略すべく、世界中から集まった勇者たちが侵攻してくる。ダンジョンの守護者=魔物となり、勇者たちの手からダンジョンを守りきるというのが『ダンジョン守り:勇者の侵攻』のストーリーだ。

まずは操作キャラクターを選択しよう。初めはスケルトンやオークといったオーソドックスな魔物から選ぶことになる。他のタワーディフェンスゲームに登場する主役たちと比べると華やかさに欠けるかもしれないが、プレイするうちに少しずつ愛着が湧いてくるのは間違いない。また、ゲームをやり込むことでサキュバスや五大精霊など強力なキャラクターがアンロックされるので、そこを目指すのもいいだろう。
 image5

シンプルな戦闘はタイミングが命

操作方法はいたってシンプル。武器を投げつつ、ゲージが溜まったら必殺技を放ち、所狭しと迫りくる侵入者を殲滅しよう。必殺技は敵全体を毒状態にしたり、スタンさせたりなど各キャラクターごとに個性がある。タイミングを見計らって発動させるのが攻略のポイントだ。
 image3

豊富なスキルによるカスタマイズが楽しめる

侵入者を殲滅するとキャラクターがレベルアップし、スキルを習得する。一人のキャラクターが持つスキルの数は約20種類。まんべんなく上げるか、それともいずれかに特化させるかーーどのスキルを選ぶかによって、キャラクターの自由なカスタマイズが可能だ。

また、敵がドロップした武器を吟味するのも楽しみの一つ。武器にはレアリティが設定されており、高いレアリティの武器ほど多くの能力アップ効果を期待できる。伝説クラスの武器を求めて何度もステージに挑戦することになるだろう。
 image1

どれを開発するか迷うツリー形式の「研究」

研究開発を行うことで、ダンジョンに新しい設備を追加したり、新技術を開発したりすることができる。それぞれの開発メニューはツリー形式になっており、どういったルートを進むべきか頭を悩ませられるポイントだ。もちろん、やり込めば全ルートを制覇することもできる。
 image4

「強くてニューゲーム」を繰り返して地獄級へ挑戦しよう

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy