ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

辛い入院生活を経て、恋人ができた女性に贈る曲…

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

辛い入院生活を経て、恋人ができた女性に贈る曲…
J-WAVEでオンエア中の「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「azabu tailor A SONG FOR YOU」。リスナーの皆さんからいただいたメッセージにピッタリな一曲を、歌詞に注目してセレクトしています。

6月30日(金)のオンエアでは、体調を崩し入院していた時に見守ってくれた男性と、恋人の関係になったという女性からのメールを紹介しました。

「上京して2年、仕事も多忙、ずっと辛い日々が続き、ついに体調を崩して緊急入院。緊張状態が1ヶ月以上続きましたが、家族が実家から来てくれて、支えてくれて、無事退院しました。あわせて、退院までずっと支えになってくれた人がいます。厳しい病院の制限があり、連絡も、ごくたまにしかとれませんでしたが、友達以上恋人未満の関係で、フラフラな私をいつも見守ってくれていました。そして、晴れて正式な恋人になりました。家族と彼に感謝しています。そんな私に激励の1曲、ありませんでしょうか」

メールを読んだカビラは「大変な苦労をされたんですね…」と一言。彼と新しい人生のスタートを切ったこの方にお届けした曲は、リチャード・マークスの「Now And Forever」でした。

リチャード・マークスは、80年代後半から90年代にかけて大活躍したシンガーソングライターです。この曲は、1994年にリリースされた曲で、リチャード・マークスが奥様に送ったラブソング。大切な人への愛する気持ちや感謝の気持ちを、まるで手紙にしたためたような歌詞が心に響きます。

「どうすればいいのか、分からなくなってしまうこともある。でも、君はずっと僕を分かってくれる。今も、そして永遠に、僕は君の男だ」という、男性から女性へのメッセージですが、カビラは「逆に受けとってみてはいかがでしょう? そして、お体の無理をなさらずに、一歩ずつ歩んでください」とメッセージを送りました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」
放送日時:毎週金曜 6時−11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。