体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

無骨で冷たい「コンクリ打ちっ放しの建物」だけを楽しむ旅へ

生活・趣味
無骨で冷たい「コンクリ打ちっ放しの建物」だけを楽しむ旅へ

ここに紹介する観光マップは、ある視点をもって集めた都市ガイド。旅の目的は人それぞれだけど、どこか既視感を抱いてしまう名所旧跡に足を運ぶよりも、僕にはこっちの方が新鮮に映りました。

もしも、他人と違った旅をお好みならば、こんな観光地めぐりはいかがでしょう。

コンクリ打ちっ放しの荒々しさ
ブルータリズムという建築様式

街にとけ込むことなく、存在感をあらわにする。今でこそ珍しくなくなったコンクリート打ちっ放しの建築物。これらはおもに1950年代から70年代にかけて、世界の建築様式に登場したものだそうです。

第二次対戦後のヨーロッパ。再建、工業化に向かうなかで、拡大する都市部には大規模な公営住宅や公共施設が必要になりました。短時間で、しかもコストがあまりかからない建築工法が模索されるなか、登場したのがコンクリや鋼鉄を用いて設計された建物たち。

それまでにない無骨で、荒々しい、冷たい印象を与える建築様式を総称して、「ブルータリスト、あるいはブルータリズム」と呼ばれています。

都市に点在する
メガストラクチャー

無骨で冷たい「コンクリ打ちっ放しの建物」だけを楽しむ旅へ

現在も都市にたたずむブルータリズム様式の建物だけをマッピングしたのが「Brutalist Maps」。時代のアイコンとなるメガストラクチャーを、ロンドン、パリ、ベオグラード、シドニー、ワシントンD.C.の5都市で先行販売。

前述のとおり、30年あまりの間にブルータリズムは各地に広がりました。その余波は当然日本にも。

例えば、原宿の国立代々木競技場、同じく原宿の集合住宅ヴィラ・ビアンカ、竹橋駅に直結したパレスサイドビルなど、東京にもこの時代に建てられた現役のアイコンが数多くあります。無骨で冷たい「コンクリ打ちっ放しの建物」だけを楽しむ旅へ シドニー大学(1973年築)無骨で冷たい「コンクリ打ちっ放しの建物」だけを楽しむ旅へ ベオグラードの集合建築(1963年築)無骨で冷たい「コンクリ打ちっ放しの建物」だけを楽しむ旅へ
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会