体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Cygames常務が語る、e-Sportsと『Shadowverse』 e-Sportsでスポンサー企業になる意味とは?

エンタメ
Cygames常務が語る、e-Sportsと『Shadowverse』 e-Sportsでスポンサー企業になる意味とは?

近年、日本のe-Sportsをめぐる状況は注目を集め、さまざまな議論が行われている。特に取りざたされるのは、かつて“ゲーム大国”とまで呼ばれた日本が“e-Sports後進国”になっているということ。これには、海外とのゲーム文化の違いや日本国内での大会賞金をめぐる景表法の解釈など、さまざまな原因が挙げられ、ゲームファンをやきもきとさせている。

そんな中、今年3月、大手ゲーム会社Cygamesは、プロゲーマー・梅原大吾氏を擁するプロゲーミングチーム「Cygames Beast」を発足。同社は、2015年にはTCG『Magic: The Gathering』のプロプレイヤーチーム「Team Cygames」を立ち上げるなど、国内のe-Sports/プロゲームシーンで存在感を発揮してきた。

同時に、2016年6月にはDCG(デジタルカードゲーム)『Shadowverse』を配信スタート。同作はe-Sportsの大会競技にも採用されるなど、シーンの盛り上がりに一役買っている。

今回、そんなCygames常務取締役で、『Shadowverse』のプロデューサーをつとめる木村唯人氏にインタビューを敢行。“e-Sports後進国”とされる日本の現状から、『Shadowverse』とe-Sportsの関係、そして、プロゲーミングチーム発足の狙いまでをうかがった。

構成:須賀原みち 編集:新見直

日本でe-Sportsがイマイチな理由


──現在は「海外に比べ、日本国内ではいまひとつe-Sportsが盛り上がらない」といった声も挙がっています。そういった声が挙がる理由として、e-Sports/プロゲーム分野で日本と海外の間で差を感じることはありますか?



Cygames常務取締役・木村唯人(以下、木村) 日本には「ゲームが強い=格好良い」と思う文化がまだそこまでない、ということに尽きると思います。

アメリカや海外には成功者を讃える文化があり、どんなものであれ、成功を収めて富や名声を得ることに憧れがある。でも、日本ではそれに憧れるわけではないという違いがあるかなと。


──日本の場合、成功者に憧れず、嫉妬する傾向が強い、といったことですか?



木村 嫉妬するということもあるし、「あの人はすごいけど、自分には絶対無理だ」と考えてしまう、日本人の諦め感があるんだと思います。アメリカだと、(成功者に)自己投影して「すごい! 自分もあの人みたいになれるかもしれない!!」と憧れたりするイメージですね。


──日本では、どうして「ゲームが強い=格好良い」と思う文化が根付いていないのでしょうか?



木村 日本には「努力しないものに対して評価をしない」という文化があるからだと思います。

例えば、野球はみんなが努力をして、ドラマがあるから素晴らしいと感じる。でも、ゲームの場合、それ自体が遊びで楽しいことなので、いくらゲームをプレイしても、それは努力をしているわけではなく、遊んでいるだけだと見られてしまう。

1 2 3 4 5 6 7次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会