ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

カメラのエントリーモデルおすすめ3種!買取価格もチェック

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

カメラのエントリーモデルが欲しい!と考えているけれど、ニコン、キャノン、ペンタックスと有名メーカーやモデルも多く、どれを購入すればいいか迷うという方におすすめする、カメラのエントリーモデルを5種類に厳選してご紹介します。最近、何かとエントリーモデルには注目が集まっているので、早めにチェックしておきませんか?2台目購入に備えて、買取相場や買取方法などに関する情報も伝授します。

エントリーモデルとは

null

最近よく耳にする機会が多くなったであろう、「エントリーモデル」とは、どんなモデルのことを指すのか?エントリーモデルとは初心者向けの製品のことであり、低価格帯で手軽に利用できるものを指します。

しかし、最近のカメラはエントリーモデルといえども、非常に性能が良い製品が販売されるようになりました。普通に使用しているだけでは壊れることもなく、2台目の購入時には買取を検討する方も増えています。今回は、エントリーモデルのご紹介だけでなく、買取にまつわる情報もまとめて伝授します。

おすすめしたいエントリーモデル

Canon EOS Kiss X8i ダブルズームキット

null出典:amazon

Canonエントリーモデルのデジタル一眼レフカメラ。ここ数年で発売されているキヤノンのデジタル一眼レフの中でも定番のKissシリーズ。「かんたん撮影ゾーン」を使うことにより、難しい設定はカメラにまかせてキレイな写真が確実に撮れるエントリーモデルです。動く被写体にも素早くピントが合うため、ブレのない美しい写真撮影が可能。総画素は2470万画素。

→「Canon」のカメラ買取価格を検索するならこちら

Nikon D5300 AF-P ダブルズームキット

null出典:amazon

Nikonエントリーモデルのデジタル一眼レフカメラ。位置情報機能が搭載されているなど、現代らしい機能が詰まっており、使いやすさ抜群。バリアングル画像モニターで、自由なアングルでひと味違う写真を撮影することも可能です。一度の充電で約600コマ撮影できるので、お出かけ時や旅行時も充電を気にすることなくたくさん撮れるところも重要な役割を果たしてくれるでしょう。総画素は2478万画素。

→「Nikon」のカメラ買取価格を検索するならこちら

PENTAX K-S2 ダブルズームキット

null出典:amazon

PENTAXエントリーモデルのデジタル一眼レフカメラ。PENTAX K-S1の上位機種として発売されているモデルです。アウトドアなどのアクティブな場面の使用に向いている、便利な防塵・防滴対応。世界最小サイズも実現したことで話題になったエントリーモデル。リモート撮影、画像転送にも便利なWi-FiやNFCも搭載し、スマホやタブレット等との連動も可能。使いやすいカメラです。総画素は2042万画素。

→「PENTAX」のカメラ買取価格を検索するならこちら

エントリーモデルの選び方

null

定番老舗メーカーがハズレなし

初めてカメラを手にする際に失敗なく選ぶには、マイナーなメーカー品よりは定番の老舗メーカーカメラを選ぶのがいいでしょう。特にキヤノン、ニコン、オリンパスはカメラメーカーとして信頼感があり、エントリーモデルも非常におすすめです。

ダブルズームキットがおすすめ

キットレンズはよくないと言われることもありますが、最近のキットレンズは非常に性能が良くなっています。一眼レフを購入予定であるという方は、被写体や風景どちらの撮影にも向いている、ダブルズームキットの購入をおすすめします。

ある程度低価格帯から選ぶこと

あまり高額なモデルをエントリーするにあたって選ぶよりは、まずは低価格で良いエントリーモデルを手にすることから始めると失敗がありません。似たようなモデルなのに、低価格帯のカメラがありますが、それはきっと数年前に発売されたモデル。価格のことも視野に入れるのであれば、最新モデルにこだわらず、2~3年前に発売されたモデルも検討しましょう。

次のモデルを購入することになったら?

null

古いモデルは買取してもらえる

今回ご紹介したモデルも参考に、エントリーモデルを使いこなしたらまた次のモデルが欲しくなることでしょう。次のモデルを購入する際は、古くなったモデルは買取してもらえることをご存知ですか?

基本的にどんなメーカーのカメラも買取してもらうことが可能で、できるだけ新しいモデルや有名メーカーのモデルほど高く売れる可能性は大。一眼レフは初めてで、既にコンデジなど使わなくなったカメラがあるという方は、早めに買取してもらいましょう。

買取してもらう時に高く売るには

買取してもらう時は、思い立った状態で査定をしてもらうよりかは、ある程度高く売るために準備をしておきましょう。カメラはどの買取店でも同じ買取価格というわけではないので、より高く売れる買取店は自分で見つけなければなりません。

他にも、買取時には付属していた説明書や箱を揃えて査定に出すだけで、高く売れる可能性も出てきます。今後新しいカメラを購入予定であるという方は、保証書の保管と同様に、箱や説明書も無くさず保管することを視野に入れておくと、今後のカメラの楽しみもより一層増えることでしょう。

カメラの買取価格を調べてみよう!

-

高く売れる買取店を自分で見つけるのが困難であるという方であれば、比較サイトに頼りましょう。カメラの買取価格は、今すぐにでも調べることが可能です。

ウリドキであれば、売りたいカメラのメーカー名や品番を検索するだけで、今日最も高く売れる買取店が一括して比較可能。できるだけ高く買取してもらうことができるので、買取前に便利なサイトです。

価格比較だけでなく、買取店ごとの口コミ、お得なサービス情報も掲載されているので、見積もり査定額を問い合わせてみましょう。

今回はカメラを中心にご紹介していますが、カメラに関するアイテムであればレンズ単体、三脚なども買取価格の検索は可能。他にも、違うジャンルであれば楽器やCD、DVD、自転車、ブランド品などの買取価格も調べられるので、買取前にはぜひ。

→ウリドキのホームページへ

エントリーモデルでカメラに挑戦!

null

初めての1台目の購入は、非常に慎重になりがちですよね。いざ購入し、使っているうちに愛着も出るとは思いますが、その中で新しいカメラとの出会いもあるかと思います。エントリーモデルを購入するにあたって。もしくは使用していく上で使わなくなったモデルがあるとしたら、買取してもらうという手段も視野に、新しいカメラを購入してみませんか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。