体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アンドリュー・マクマホン、SHE’Sの井上竜馬と話題のCM楽曲を初共演

エンタメ

元サムシング・コーポレイト、ジャックス・マネキンのフロントマンであるアンドリュー・マクマホンの最新アルバム『ファイヤー・エスケイプ』の発売を記念したインストア・イベントが、6月28日(水)にタワーレコード新宿店で開催された。
6月28日(水)@タワーレコード新宿店 (okmusic UP's)

開演時間の20時30分になると、会場はアンドリューの姿を一目見ようという200人以上の観客で満杯に。満を持してサポート・ミュージシャンのザック・クラーク(key)と登場したアンドリューがはじめに演奏した楽曲は、前作アルバムのタイトル・トラック「セシリア・アンド・ザ・サテライト」。このドラマチックな楽曲は、今年3歳を迎えた愛娘セシリアへの愛を歌ったアンドリューの代表曲のひとつであり、泣きのメロディと歌詞に早くも会場は感動的な雰囲気となった。

『今日は来てくれてありがとう!』と簡単な挨拶を終え、最新アルバム『ファイヤー・エスケイプ』の8曲目に収録され、アンドリュー自身もお気に入りと語る「ウォーキング・イン・マイ・スリープ」が演奏された。キーボード二台での演奏でありながらも疾走感が消えることはなく、サムシング・コーポレイト時代のアンドリューを彷彿とさせるエモーショナルな演奏となった。

そして次に演奏された楽曲は、前作の1曲目に収録された「キャニオン・ムーン」。この曲は、アメリカ西海岸で見ることができる美しい月を歌った楽曲であり、アンドリューのライブでも人気の高い1曲。この日のライブでも観客の拍手や、ザックとのスリリングな演奏など、ライブで多く演奏されることが納得の楽しい演奏になった。

『スペシャル・ゲストを今日は呼んでいて、そのために機材の交換をするから、次の曲がザックとは最後の曲だ』というアンドリューのMCを挟んで演奏されたのは、最新作でも特に人気の高い1曲であり、宇宙飛行士の服を着たアンドリューがダンスを披露したミュージック・ビデオが話題の「ソー・クロース」。ダンサブルにキーボードを演奏しながら歌うアンドリューの姿と、タイトなシンセベースによって原曲とは異なるグルーヴを生むザックの姿が印象的だった。

そして機材交換の後、アンドリューの大ファンであると公言するピアノロックバンド・SHE’Sのフロントマンである井上竜馬と共にアンドリューがステージに戻ると、会場からは大きな歓声が起こり、トーク・セッションがスタートした。アンドリューとの共演について尋ねられた井上は『とても緊張しています』と語り、最新作『ファイヤー・エスケイプ』からのお気に入りの楽曲は?という質問には「「ドント・スピーク・フォー・ミー」ですね」と答えた。

そしてアンドリューのキャリア全体のなかでのお気に入りを尋ねられた井上が『アンドリューとの出会いの曲の「ダーク・ブルー」なんですが…』と言いながらジャックス・マネキン時代の名曲「ダーク・ブルー」のイントロをピアノで弾くと、アンドリューもそれに続いて演奏をはじめ『サビだけ一緒に歌おう!』と思わぬ提案を投げかけ、二人で「ダーク・ブルー」を演奏するという思わぬ展開に会場からは『おお!』という驚きと喜びの歓声が起こった。嬉しいサプライズとも言える「ダーク・ブルー」の共演を終えた井上は『ずっと声を聴きたくて、コーラスをあまり歌えなかったです』との言葉を口にした。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会