体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

PandoraのウェスターグレンCEO 突然辞任の衝撃、混乱続きで経営陣は刷新、チケット事業も売却

PandoraのウェスターグレンCEO 突然辞任の衝撃、混乱続きで経営陣は刷新、チケット事業も売却

音楽ストリーミングサービスで伸び悩見続ける米国の「Pandora」(パンドラ)が、創業者でCEOのティム・ウェスターグレン(Tim Westergren)が同職を退任する組織変更を発表しました。ウェスターグレンはCEO職だけでなく取締役も辞任。Pandora取締役は直ぐにCEO探しに取り掛かります。CFOのナヴィーン・チョプラ(Naveen Chopra)が暫定CEOとなります。

Pandoraはまた、社長のマイク・ハーリング(Mike Herring)と、チーフ・マーケティング・オフィサーのニック・バートル(Nick Bartle)も辞任したと発表しました。ウェスターグレンはCEOに返り咲いて15カ月、バートルは2016年10月からわずか9カ月と、短期間でその役割を終えることとなりました。

関連記事 PandoraがCEO交代を発表。定額制、海外進出を狙うラジオ型音楽ストリーミングの経営陣に何が起きたのか?

定額制音楽ストリーミングの急成長によって、事業が低迷し続けるPandora。今月始めには、デジタルラジオの最大手「Sirius XM」(シリウスXM)から4億8,000万ドル (約532億円)の資金を新たに調達し、ビジネスの立て直しを図ることを発表したばかりでした。

■関連記事:Pandora Strengthens Balance Sheet and Sharpens Focus on Core Priorities(Pandora)

この戦略的提携によって、Sirius XMはPandoraの株式19%を取得、取締役会で会長を含む3人の役員を選出する役割を担うことが発表され、Pandoraの取締役会のシートは現在の5名から9名に拡大することが、今回のウェスターグレンの辞任と、取締役会のシェイクアップに大きな影響を与えたと見て間違いないでしょう。Pandoraの経営陣で今後大きな変化が見られると予想されます。

17年前の2000年にPandoraがまだ「サベッジ・ビースト・テクノロジーズ」という企業名だった時の創業者の一人、ウェスターグレンの辞任は、音楽ストリーミングという分野で、リスナーデータ解析や自動レコメンデーション技術などでいち早く成功したパイオニア企業であるPandoraが、創業以来、最大の分岐点に立っていることを意味しています。「音楽リスニングを永遠に変えた」Pandoraは、わずか数年で孤立無援にまで追い詰められているのが現実で、もはや経営にメスを入れる道をえらばなければならないほど、見通しは明るくありません。

近年、SpotifyやApple Musicなど定額制の音楽サービスの急成長に追いつけず、業界内で遅れを取ってきたPandoraにとって、喉から手が出るほど欲しかった資金援助は、今後のビジネスだけでなく、経営にもますます影響をもたらしそうです

チケット販売のTicketflyも売却

Pandoraはまた、2015年に買収したオンラインチケット販売サービス「Ticketfly」(チケットフライ)を、イベント・チケット販売プラットフォームの「Eventbrite」(イベントブライト)に売却することを発表。

売却額は2億円。買収額は当時のレートで4億5,000万ドル。Pandoraは、音楽ストリーミングサービスとは別の収益源の獲得を目指して、ライブビジネスと密接に成長するTicketflyを買収しましたが、結果を出す前に方向転換する結果となってしまったことは残念です。

さらにPandoraは今年3月に従業員の7%をリストラする計画も発表済み。

ここ数年に渡り、注力するビジネスへの投資と事業の方向転換を急ピッチで目指していたPandoraですが、今年3月にようやく開始した定額制の音楽ストリーミングサービス「Pandoraプレミアム」では、すぐに結果が出るほどの成果はあげられておらず、ライバル企業に迫る勢いを音楽業界内で見せることが出来ていません。

なぜPandoraは苦戦するのか?

Pandoraが苦戦することは議論されてきましたが、それほどまでに、音楽ストリーミング市場における他社の動きが活発になっている証拠です。ではなぜ、2億人以上のユーザー数を集めてきたPandoraがここまで苦戦するのでしょうか?

Pandoraのビジネスモデルでは、フリーで聴き放題の音楽ストリーミングサービスを提供する代わりに、リスナーには視聴の合間に広告を入れる広告収入を主な収益源としてきましたが、近年はアクティブリスナー数が約7,000万台で頭打ちとなり低迷。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy